BLOG

スタッフのオススメスタイリング Vol.1129 「シンプルカジュアル」

2020.10.20

 

超シンプルですが間違いないスタイリング。

 

寒くなって来て、スウェットが着られるようになって嬉しいです。

ラクですよねースウェット。特にポケットがついてるやつは最高ですね。

 

でもシンプルだからこそ、だらしなく見えないシャレ感のある物を選ぶの重要です。
 

 

着用スタッフ ハマモト 身長166cm

 

 

 

 

 

□スウェット【FELCO】 DOUBLE V GUSSET 16oz NEW HEAVY WEIGHT TERRY INVERSE WEAVE SWEAT CREW NECK – CHARCOAL HEATHER

 

□パンツ【EAST HARBOUR SURPLUS】 DOUGLAS ARMY PANT COTTON GABADINE – GREEN M.

 

□シューズ【JALAN SRIWIJAYA】 HI SHINE LEATHER PLAIN TOE w/DINITE SOLE – BLACK

 

 

 

 

 

 

【FELCO】 DOUBLE V GUSSET 16oz NEW HEAVY WEIGHT TERRY INVERSE WEAVE SWEAT CREW NECK – CHARCOAL HEATHER

 

【EAST HARBOUR SURPLUS】 DOUGLAS ARMY PANT COTTON GABADINE – GREEN M.

 

【JALAN SRIWIJAYA】 HI SHINE LEATHER PLAIN TOE w/DINITE SOLE – BLACK

 

安定感抜群のボタンダウンシャツ。。。 Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)

2020.10.19

 

 

徐々に朝晩の冷え込みが厳しくなり、

 

 

やっと秋らしさを感じるようになってきました。

 

 

とっ言っても既に10月中旬。

 

 

今年の冬はいつ訪れるのでしょうか。。。

 

 

それでは本題へ。

 

 

本日は安定感抜群のコチラのブランドから。

 

 

Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ) ← クリックでブランドカテゴリページへ

 

1978年にアメリカ、ペンシルバニア州で創業されたGitman Brothersから2009年に誕生した、

GITMAN VINTAGE 。 伝統的なシャツメーカーとして著名で全ての製品は

1978年以来踏襲されている伝統の技術によって生産されています。

Brooks Brothers(ブルックスブラザース)の生産工場で有名なインディヴィジュアライズドシャツと

系列会社である事でも多くの人に信頼を寄せられています。

現在でもアメリカ生産に拘り続ける数少ないシャツメーカー。

Collectiveではお馴染みとなっているGitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)。

 

 

 

コロナの影響で入荷が遅れており、

 

 

お問い合わせも多かったブランドの1つが、

 

 

やっと入荷してきました!!

 

 

L/S BD Shirt Cotton Tweed Check – LT Brown   26,000-(税抜) ← クリックで商品ページへ

 

L/S BD Shirt Country Plaid – Black   26,000-(税抜) ← クリックで商品ページへ

 

L/S BD Shirt Country Plaid – Grey   26,000-(税抜) ← クリックで商品ページへ

 

L/S BD Shirt Country Plaid – Tan   26,000-(税抜) ← クリックで商品ページへ

 

 

 

 

 

 

基本的な仕様やシルエットは変えずに、

 

 

生地のみがシーズンにより、

 

 

変更されるGitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)のコレクション。

 

 

その分、生地のセレクトには強い拘りを感じます。

 

 

今季は落ち着いた雰囲気のチェックをセレクトしました。

 

 

 

 

Shirt : Gitman Vintage – L/S BD Shirt Cotton Tweed Check ← クリックで商品ページへ
Pant : Double RL(私物)
Shoes : Alden(私物)
Cap : Bayside – Unstrucured Washed Twill Cap ← クリックで商品ページへ

 

 

 

 

 

Shirt : Gitman Vintage – L/S BD Shirt Country Plaid ← クリックで商品ページへ
Pant : Engineered Carments – Andover Pant 8W Cord ← 10/20アップ予定
Shoes : Alden(私物)
Cap : Felco – Knit Cap ← クリックで商品ページへ

 

 

 

 

フワッとした生地感と落ち着いた色合いが、

 

 

秋冬らしい雰囲気を演出してくれるシャツ。

 

 

どれもウールっぽい雰囲気がありますが、

 

 

コットン素材なので、

 

 

家で洗えるところも大きなポイント。

 

 

オススメです!!

 

 

 

 

では、また来週。。。

 

 

 

 

Onishi

 

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Collective

tel 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp
open : 平日12:00-20:00 土日祝11:00-19:00 定休日 : 不定休

 

取扱店舗:Explorer Works

tel 052-259-6572
e-mail:ex@explorer-out.co.jp
open:11:00-21:00

 

【デサントオルテライン DESCENTE ALLTERRAIN】世界最高峰のハイスペックダウン「水沢ダウン」

2020.10.18

 

こんにちは。鈴木です。

 

 

本日ご紹介するのは「水沢ダウン」。日本が世界に誇るスポーツブランド「デサント」のオルテラインというコレクションラインのアイテム。

DESCENTE ALLTERRAIN,デサントオルテライン,メンズ,通販 通信販売

DESCENTE ALLTERRAIN デサントオルテライン←ブランドの商品一覧へ

日本が誇るスポーツブランドとして世界的にも評価の高いブランド。オルテラインは、allと、地形という意味のterrainを組み合わせた造語です。 オルテラインコレクションが提供する商品は、Scene-less、Age-less、Time-less。 特定の年齢層や、特定のシーン、領域というものを敢えて考えずに、かつ流行に流されない真のモノづくりはなにかということに取り組む、このことをオルテラインのデザインの根幹においています。

 

 

 

 

 

 

防水性の高い世界初のダウンジャケットとして鮮烈なデビュー以来、確固たるポジションを確立した革新的なダウンジャケット。

 

 

 

必要なデザインが必要な場所だけにされたミニマルな引き算のデザイン。「デザイン」というより「設計」という概念が正しいかもしれません。

 

 

 

これって「軍モノ」や「ワークウェア」に通ずるデザインコンセプト。極地で使う為の「ギア(道具)」。

 

 

 

シルエットに関しても無駄なスペースを作らないなど機能性を突き詰めていった結果、スタイリッシュになっただけとの事。

 

 

 

見た目のかっこよさを求めて作った訳ではなく、あくあまでも機能性を突き詰めた結果がスタイリッシュだったというファッションとは真逆の考え方によるかっこよさ。

 

 

 

コンセプトを聞いているだけでもカッコイイと思ってしまうヤツ。男子なら皆好きなはず。ミリタリー、ワークに通ずる男服の基本。削ぎ落とした最低限のデザイン。

 

 

 

コレ聞いてから着るともっと興奮するんですけどね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは一番人気の「MOUNTAINNER マウンテニア」。

172センチ60キロでサイズは「S」を着用。

 

 

 

お次は個人的に一番好きなモデルの「SHUTTLE シャトル」。

172センチ60キロでサイズは「S」を着用。

 

私の体型で薄手のニット、スウェットであれば「S」サイズで全く問題なく着れるサイズ感。厚手のスウェットやニットを着るのであれば「M」サイズですが・・・。シームレスで防水生地なのに加えてストレッチが効いているので大きめサイズを着なくても快適な着心地。

 

 

 

 

ダウンジャケットのインナーに厚着をするのは本来のダウンの機能を無駄使いしているようなもの。

 

 

自身の体温をダウンに伝えて暖かい空気の層を作って外気を遮断する、これが本来のダウンジャケットの性質。

 

 

ダウンジャケットの中のダウンボール(羽毛)に体温が伝わりやすい状態のほうが暖かく着れるんです。その為、インナーの厚着は逆効果。

 

 

 

本来であればロンTぐらいで十分なんでしょうが、室内でダウンを脱ぐ事も考慮するとあまり薄着すぎるのも違和感があるので、シャツやジョンスメドレーなどのハイゲージぐらいのニットが適しているかと。

 

 

 

前述の通り大き目サイズを着てしまうと本来のスペックを活かしきれないですからね。インナーの厚着を想定せずにサイズをお選び頂ければと。

 

 

 

元々袖丈は長めの作りなのでサイズを上げると袖が長くなってしまうデメリットもありますしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が着るならこんな感じ。大好きなアメリカントラッドミックスで。

 

 

もう少しスポーツに寄せると、

シルエットが素晴らしくダウンジャケット特有の着膨れ感も一切ないので、色々なスタイリングを楽しめそうです。シンプルが故に懐が深いって事ですね。

 

 

 

 

 

ご紹介の水沢ダウンが属する「デサントオルテライン」はスポーツ量販店で販売されている「デサント」とはラインナップ、販路が異なり、アパレル系のお店にしか入らない特別なライン。

 

 

 

デサントが展開する各スポーツの分野の最先端の生地、技術を結集してデザイン(設計)された最上級ラインになります。

 

 

 

この「各スポーツウェアの最先端の生地、技術を結集する」という所が普通のアパレルブランドには簡単に真似できない凄い所。

 

 

 

生地にしても、縫製にしても「どこでも織れる」、「どこでも編める」、「どこでも縫える」という訳ではございません。

 

 

 

そこがアウトドアブランドが突出して優れている所。それでいてデザイン性、フィッティングもイイとなると「無敵」です。

 

 

 

ひと昔前であれば「海外のアウトドアブランドの方がオシャレ」という認識があったのですがそれを覆したのもココです。

 

 

 

それぐらい業界の図式を一変させたといっても過言ではない逸品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの「水沢ダウン」、例年寒くなる前に完売します。ご検討の方は本格的に寒くなる前がオススメです。

 

 

 

オンラインには既に掲載されておりますので下記からご覧下さい。

DESCENTE ALLTERRAIN,デサントオルテライン,メンズ,通販 通信販売

DESCENTE ALLTERRAIN デサントオルテライン←ブランドの商品一覧へ

 

 

 

 

 

メールやお電話での通販も可能です。メールや電話での通販御希望の方、サイズの問い合わせなど不明点は下記からどうぞ。お気軽にお問合せ下さい。

 

電話はこちら←タップ(スマホのみ)

 

メールでの問い合わせはこちら←タップ or クリック

 

問い合わせフォームはこちら←タップ or クリック

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

私が惚れ込んだアイテム ”Workers(ワーカーズ)” 

2020.10.17

先日行われた日本代表の2試合。

 

 

 

2試合目のコートジボアール戦は勝利で終われて良かったですね。

 

 

 

1試合目のカメルーン戦は攻撃に厚みを感じられなかっただけに、正直2試合目は勝ててホッとしました。

 

 

 

来月も強豪国との親善試合が決まっていますし、今回の課題を少しでも修正していけばもっと良い試合できるかと信じています。

 

 

 

次の試合期待したいですね。

 

 

 

とはいえ、まずはこの状況の中久しぶりに代表戦が行われたことに感謝です。

 

 

 

 

 

 

さて私の話はこの辺にしておいて、今週も続々と20FW新入荷のお便りが届いておりますよ。

 

昨日ぐらいから更に気温も下がり始め、また一段と寒くなってきました。

 

いよいよ服好きな方には堪らない重ね着で遊べる時期がスタートですね。

 

というわけで、今回も数ある新入荷アイテムの中から個人的にお気に入りのこちらのブランドからオススメしたいアイテムをご紹介させていただきます。

 

 

 

WORKERS(ワーカーズ)

 

岡山を拠点にヴィンテージなどの古着からヒントを得て、ワーク、トラッド、ミリタリーといったアイテムを中心に生産するメンズウェアメーカーWORKERS(ワーカーズ)。

 

膨大な古着のアーカイブと、豊富な知識を持つWORKERSの代表は、実際の古着を細かく研究し、その製品が作られていたメーカーや背景、歴史、資料に至るまで調べ上げ、製品づくりのヒントにしてモノづくりに取り組んでいる探究心から生まれる本物志向への拘り。

 

そのモノ作りに対する姿勢に惚れ込み1年前から両店舗で取り扱いをスタートすることになった素晴らしいブランドから先日届いたアイテムの中から個人的にオススメしたいアイテムをピックアップしてみました。

 

それがこちらの2型。

 

 

 

 

 

 

RAF PARKA COTTON CORDURA NYLON

Price:¥36300(tax in) Color:BLACK

 

Color:OD

 

イギリス空軍、カナダ軍系のオーバーパーカーをモチーフにこのブランドらしくデザインされた一重のパーカー。

 

まさにワーカーズらしいミリタリー感漂う雰囲気に男臭さが良い感じにマッチした仕上がり。

 

色展開は合わせ易さ、着回しの良さは抜群のこの2色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンドカラーの羽襟にフードを流し込んだ襟周り。

 

フロントは前立てがつき、斜めにファスナーを配置した仕様。

 

左身頃側の前立て、右身頃側の持ち出し状の部分に生地を補強したことで型崩れしない気軽に使える仕上りに。

 

左胸ポケットはペン刺し付き。ペン刺しにマチがついたデザイン。

(このディテールは1950年代のRoyal Air Forceのパーカーを参考)

 

腰、左右脇側からハンドウォーマー、フラップボタンをはずせば、上から物が入る二重構造。

 

ちなみに前回までは Lightning 風のファスナーを使用していましたが、色々なトラブルから 今回はTALON 風のファスナーに変更。

 

肩は着込んでもストレスなく羽織れるラグランスリーブ仕様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、サイズ感ですが昨今、暖冬傾向で一枚物のパーカーもアウターとして使う方が増えている傾向から、中にある程度着こんだ上に着られるように昨年より同サイズでハーフサイズ程大きくして修正した仕上り。

 

170センチ68キロの私の体型で中にある程度着込んで寒い冬でも着用することを考えるとやはりサイズはMサイズが丁度良いですね。

 

ちなみにギットマンのツイードシャツにアークテリクスの中綿入りのアウターを着て羽織ってもややゆとりのあるサイズ感で着れましたよ。

 

またインナーにヘビーなニット、スウェット、インナーダウンベストなど着込んでもストレスなく羽織れると思います。

 

長いシーズン着たい人にとってはかなり重宝するアイテムかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

最後に生地は撥水性に優れ且つ生地の風合いもバリッとしたものを採用したコットンコーデュラナイロンリップストップ素材を使用。

 

それに平織りでも緊密な織りは風を防ぎ、適度に吸湿性も備えられている拘り。

 

相変わらず生地の拘りは素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

 

そして、もう1型がこちら。

 

 

 

CRUISER VEST

Color:BROWN_DUCK Price:¥19800(tax in)

 

ヴィンテージのハンティングベストがデザインソースとされた左右対称のクルーザーベスト。

 

この20SSシーズンにオーダーして、色によっては即完売となったまさにこの時期即戦力として使って頂けるアイテム。

 

色展開はこの時期気分的にも取り入れたくなる旬なブラウンのみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰の二室ポケット、フロントの三日月型ポケット、内ポケットも左右に二つ。

 

フロント・バック共に裏地付。

 

本来、ハンティングで獲物を入れたり、道具を入れて両手をあけるための「道具服」。

 

今期は左右対称デザイン。腰ポケットは大型ポケットを真ん中で二つに分けたもの。

 

フロントの三日月も左右対称、どちらにもつけています。

 

ちなみにサイズ感は街着として着易いサイズ感に変更。

 

170センチ68キロの私の体型でシャツ、カットソー、ロンTなど一枚着た上で羽織るぐらいでしたら36サイズでジャストサイズです。

 

ただ、程よくゆとりのあるサイズ感がお好きな方でしたら1つ上の38サイズがオススメですね。

 

個人的には程よくゆとりのあるサイズ感で着たいので38サイズを選びます。

 

 

 

 

 

 

そして、生地は今回この20SS展開していた10オンスのリバースサテン素材ではなく、過去にやっていなかったド定番のワークウェア素材のダック生地を使用。

 

土臭い雰囲気がまた憎いほど良い感じです。

 

それに着込み、洗い込むことで生まれるパッカリングなどの経年変化も楽しんで頂けますよ。

 

新品よりむしろ経年変化好きな方には尚更オススメしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は今回ご紹介したラフパーカーとベストを私好みに組み合わせてみました。

 

着る前から正直分かっていましたけど、改めて自分の好きなスタリングに落とし込むと惚れ込んでしまいますね。

 

そうなると結果欲しくなっちゃうんです。

 

是非ワーク、ミリタリー、トラッド、アメカジスタイルに落とし込んでお洒落を愉しんで欲しいですね。

 

あ、言い忘れるところでしたが、私このクルーザーベスト購入します笑

来年の春夏のオーダーにはもうなかったので。

 

いよいよ物欲崩壊始まりましたよ。

 

長いシーズン使って頂ける利便性に優れた服好きな方には堪らないアイテムです。

 

是非ご興味ありましたら既にオンラインにアップされていますので確認して見てください。

 

 

 

 

 

今回ご紹介したブランド、商品のウェブショップページはこちら⇒WORKERS/ワーカーズ

 

 

 

 

 

それでは皆様のご来店、オンラインのご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

kawabata

 

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Works

tel : 052-259-6572
e-mail:exworks@explorer-out.co.jp
open:11:00-21:00

 

 

取扱店舗:Explorer Collective

tel : 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp
open : 平日12:00-20:00 土日祝11:00-19:00 定休日 :火曜日・水曜日

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

スタッフのオススメスタイリング Vol.1128 「私好みのアメカジスタイル」

2020.10.15

 

私のワードローブに欠かせない秋冬スタイルの1つ、このソフトなアメカジスタイル。

 

 

 

ベースボールキャップにダウンベスト、インナーはスウェットで合わせてパンツはもちろんデニム合わせ。

 

 

 

まさに王道といえるアメカジスタイル。

 

 

 

だけど足元はワークブーツやスニーカーではなく敢えてドレス仕様に作られたパラブーツのシャンボードをチョイス。

 

 

 

少しはずしで上品に合わせるのがやっぱり私好み。

 

 

 

ゴリゴリなアメカジスタイルが苦手な私にとってはこのぐらいのソフトなアメカジスタイルがお気に入り。

 

 

 

ようやくデニムが気軽に穿ける気温になってきましたからね、来月あたりから早速取り入れていこうっと。

 

 

 

 

 

着用スタッフ カワバタ 身長170cm

 

 

 

 

 

□ダウンベスト【CRESCENT DOWN WORKS 】 ITALIAN VEST 60/40 STREAK FREE w/ LOGO SNAP – AUTUMN

 

□スウェット【FELCO】 L/S INVERSE WEAVE V GUSSET SWEAT 12oz LT WEIGHT FRENCH TERRY – BRITISH KHAKI

 

□パンツ【RESOLUTE】 711 ONE WASH (XX TYPE) – LENGTH 32

 

□シューズ【PARABOOT】 CHAMBORD – GOODYEAR – SMOOTH

 

□キャップ【FELCO】 WOOL BB CAP – NAVY_F NATURAL

 

 

 

 

 

 

【CRESCENT DOWN WORKS 】 ITALIAN VEST 60/40 STREAK FREE w/ LOGO SNAP – AUTUMN

 

【FELCO】 L/S INVERSE WEAVE V GUSSET SWEAT 12oz LT WEIGHT FRENCH TERRY – BRITISH KHAKI

 

【RESOLUTE】 711 ONE WASH (XX TYPE) – LENGTH 32

 

【PARABOOT】 CHAMBORD – GOODYEAR – SMOOTH

 

【FELCO】 WOOL BB CAP – NAVY_F NATURAL

 

JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)- HI SHINE LEATHER PLAIN TOE w/DINITE SOLE

2020.10.14

 

ブログをご覧の皆様こんにちは。

 

Wokrsのハマモトです。

 

早速ですが、ジャランスリワヤのプレーントゥが久しぶりに入荷しました!

 

 

HI SHINE LEATHER PLAIN TOE w/DINITE SOLE
PRICE 39,600円(税込)

 

 

 

JALAN SRIWIJAYA / ジャラン スリウァヤ

2003年にシューズブランドとしてスタートした「JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)」。元々は1919年にテデ・チャンドラによってインドネシアで創業した靴工場であり、オランダの植民地だったことから外国人向けのミリタリーブーツを手掛けていました。その後、経営者の息子ルディ・スパーマンが靴の聖地であるイギリスのノーザンプトンで修行を積み、フランスで皮革の生産を学び、「ハンドソーンウェルテッド製法」での靴作りを会得してブランドが誕生しました。ハンドソーンウェルテッドはグッドイヤーウェルテッドの原型ともなる製法であり、時間と労力がかかり高度な技術を必要とするため徐々に減少の一途を辿っています。今ではとても貴重なこの製法を続けている数少ないブランドです。

 

 

 

 

ジャランスリウァヤ、アジア圏にありながらヨーロッパ製の革靴に匹敵する人気を誇るシューズファクトリー。

 

輸出がメインのブランドなのでインドネシア国内では実はほぼ無名なのですが、日本では紳士靴のメーカーとして広く知られています。

 

 

 

 

 

今回入荷したのは、ハイシャインレザーを使用したシンプルなプレーントゥのモデル。

 

汎用性が非常に高く、ドレスにもカジュアルにも振れる優秀な靴ですね。

 

一足持ってるとオンオフつかえて便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「プレーントゥの革靴」という点での使いやすさは勿論ですが、ジャランスリウァヤはこだわりの強さとコストパフォーマンスが魅力。

 

まず使っている革も最高品質。フランスのデュプイ社やアノネイ社のものを使用しています。

 

 

世界でもトップクラスの最高品質カーフレザーを作るタンナーである『デュプイ社』。

 

1948年創業のデュプイ社はタンナーの最高峰とも称され、エルメスなどの高級ブランドも御用達。

 

デュプイの革を使っていることが一種のステータスとなっています。

 

 

底材にはグリップ力と耐摩耗性を兼ね備えた、イギリス製のダイナイトソールが採用されています。

 

ガラスレザーなのでアッパーも撥水性があり水に強く、ソールもダイナイトなので雨の日も履けちゃいます。

 

 

 

そして一番の特徴は、ハンドソーンウェルテッド製法を用いた靴だということ。

 

機械式の「グッドイヤーウェルテッド製法」の原型となった、熟練の職人が アッパー、中底、ウェルトを手作業で縫い付ける製法です。

 

 

 

 

グッドイヤーウェルト製法ではミシンによるすくい縫いを実現するため「リブ」と呼ばれる部品が接着剤でインソールに組み込まれています。

 

一方ハンドソーンウェルテッド製法はこの「リブ」を接着せず、インソール・アッパー・ウェルトを曲がった針で直接縫い付ける製法。

 

ウェルトを中底に直接縫いつけているため返りが良く、履き心地がとても軽くなります。

 

また、リブが中底から剥がれる心配が無く、パーツそれぞれが中底にしっかり縫いつけられているため非常に耐久性にも優れています。

 

 

 

 

ウェルトを直接縫い付けるために、インソールには通常の革靴より厚い4mm前後の革が使用されるのも特徴のひとつ。

 

足に沿ってインソールに程良い沈みが生まれ、パーソナルレベルでの履き心地の良さが実現されます。

 

一方で中のコルクは薄いため、経年によって大きく沈み込む事が無く、サイズ選びが簡単という利点も。

 

 

 

最終のアウトソールの縫い付け以外は手作業で手間がかかる上、高い技術が必要なので今では希少な製法なんです。

 

HI SHINE LEATHER PLAIN TOE w/DINITE SOLE – BLACK

PRICE 39,600円(税込)

 

癖のないデザインと確かな技術、高品質のレザー、悪天候でも使いやすい素材、高い耐久性…で、この価格。

 

インドネシアで創業し自国生産していることが、驚異のコストパフォーマンスの理由です。

 

再入荷したてで比較的サイズも揃っているのでぜひチェックしてみてください!

 

 

 

 

 

ブランドのウェブショップページへはこちら⇒JALAN SRIWIJAYA / ジャラン スリウァヤ

 

商品ページへはこちら⇒HI SHINE LEATHER PLAIN TOE w/DINITE SOLE – BLACK

 

 

hamamoto

 

 

取扱店舗:Explorer Works

tel : 052-259-6572
e-mail:exworks@explorer-out.co.jp
open:11:00-19:00

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer FACEBOOK

スタッフのオススメスタイリング Vol.1127 「シックなスタイリング」

2020.10.13

 

 

 

普段、僕はドカジュアルなスタイリングですが、

 

 

たまにはシックなスタイリングも良いものです。

 

 

細身のパンツに、

 

 

ブラック×グレーという色合いだけでも、

 

 

シックなスタイリングになります。

 

 

40歳を過ぎ年も年なので、

 

 

シックなスタイリングも取り入れていこうかな。。。

 

 

 

 

着用スタッフ オオニシ 身長176cm

 

 

 

□アウター【 ENGINEERED GARMENTS 】 DAYTON SHIRT GUNCLUB CHECK

 

□シャツ【Double RL 】 RAILMAN WS

 

□パンツ【 Double RL 】 SLIM CHINO FLAT PANT

 

□シューズ【ALDEN】 (私物)

 

□キャップ【FELCO】 KNIT CAP

 

 

【 ENGINEERED GARMENTS 】 DAYTON SHIRT GUNCLUB CHECK

 

【Double RL 】 RAILMAN WS

 

【 Double RL 】 SLIM CHINO FLAT PANT

 

【FELCO】 KNIT CAP

着用シーズンの長い1着。。。 Engineered Garments(エンジニアドガーメンツ)

2020.10.12

 

 

 

徐々に気温も下がり、

 

 

秋服が着れるような気候になり、

 

 

気温の下降に伴い、

 

 

物欲も加速中。

 

 

僕の買い物計画は崩れまくっています。

 

 

店頭の状況も秋冬物が揃い、

 

 

見所満載となっています。

 

 

紹介させて頂きたい物は溢れていますが、

 

 

本日はコチラのブランドから

 

 

Engineered Garments(エンジニアドガーメンツ) ← クリックでブランドカテゴリページへ

 

1999年NYでスタート。NEPENTHES AMERICA INC.代表の鈴木大器がデザイナーを務める。
クラシックテーラリング、スポーツウェア、ワークウェア、アウトドアウェア、ミリタリーユニフォーム などを基軸に、
自身の概念と感性、創造性による服作りを実現しており、
2004 年イタリア・フィレンツェにて開催される合同展示会「PITTI UOMO」に出展以降評価を高め、
世界各国で取り扱われている。
2008 年には CFDA ベストニューメンズウェアデザイナー賞を受賞。
日本人初の CFDA メンバーとしてエ ントリーされている。
また現在では、自身のコレクションに加え、
各メーカーと制作するコラボレーションアイテムも毎シーズン話題を呼んでいます。

 

 

 

Engineered Garments(エンジニアドガーメンツ)のアイテムの中で、

 

 

定番人気アイテムとなっている定番のシャツが、

 

 

コロナの影響もあり遅れて、

 

 

やっと入荷してきました。

 

 

Work Shirt Cone Chambray – Indigo   24,000-(税抜) ← クリックで商品ページへ 

 

Work Shirt Solid Flannel – Khaki   22,000-(税抜) ← クリックで商品ページへ

 

Work Shirt Big Plaid – Navy/Teal/Red   34,000-(税抜) ← 10/13Up予定

 

 

 

Work Shirt Twill Plaid – Red/Green/Yellow   28,000-(税抜) ← 近日Up予定

 

 

Work Shirt Twill Plaid – Navy/Grey/Red   28,000-(税抜) ← 近日Up予定

 

Work Shirt Twill Plaid – White/Red/Green   28,000-(税抜) ← 近日Up予定

 

19th BD Shirt Glen Plaid – Grey   31,000-(税抜)  ← 10/13Up予定

 

 

アウター、インナー兼用アイテムとして、

 

 

活躍してくれるシャツ。

 

 

年間を通してみると1番、着用シーズンが長いアイテムです。

 

 

今回はカジュアルな印象のワークシャツと、

 

 

ややカッチリとした印象のボタンダウンシャツが、

 

 

入荷しています。

 

 

 

Shirt : Enginered Garments – Work Shirt Twill Plaid ← 近日アップ予定
Pant : EG Workaday – Fatigue Pnat Ripstop ← 近日入荷予定
Shoes : Converse – Canvas All Star J Ox ← クリックで商品ページへ
Cap : Double RL – DNM Service Hat ← クリックで商品ページへ

 

 

 

 

 

 

 

Shirt : Enginered Garments – 19th BD Shirt Glen Plaid ← 10/13アップ予定
Pant : Enginered Garments – Andover Pant 8W Cord ← 近日アップ予定
Shoes : Alden(私物)
Cap : Enginered Garments – Bucket Hat 8W Cord ← クリックで商品ページへ

 

 

 

着用シーズンも長く、

 

 

着回しも多様なので、

 

 

 

なんだかんだで毎シーズン買い足ししてしまいますま。。。

 

 

 

 

では、また来週。。。

 

 

 

 

Onishi

 

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Collective

tel 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp
open : 平日12:00-20:00 土日祝11:00-19:00 定休日 : 不定休

 

「元祖マウンテンパーカー」。何周回ってもたどり着くのは【SIERRA DESIGNS シエラデザインズ】

2020.10.11

 

こんにちは。鈴木です。

 

本日ご紹介するのはマウンテンパーカー。「元祖マウンテンパーカー」といえばココってやつです。当店ではお久しぶりな感じ。

こちらのブランド。

SIERRA DESIGNS シエラデザインズ←ブランドの商品一覧へ

1965年、ジョージ・マークスとボブ・スワンソンの両名によってバークレーの隣町リッチモンドで設立。わずかな資金でロフト付きの倉庫を手に入れ工房に改装。バックパッキング用品を製造する『シエラデザインズ』が始動。その名前は雄大にそびえ立つシエラネバダ山脈に由来。1968年に当時としては革新的な60/40クロス(ロクヨンクロス)のマウンテンパーカーをリリース。今の時代の透湿撥水素材を先取りする高機能パーカーである”シエラデザインズ・オリジナル60/40マウンテンパーカー”はそのフロンティアスピリットとともに今でも生産され続け、創立50年以上を数えるシエラデザインズの代表作として、誠実なるアウトドアの仲間たちに熱く支持されてる。

 

 

 

というわけで「マウンテンパーカー=シエラデザインズ」という誰もが認める図式が完成しています。「マウンテンパーカー」というワードから誰もが想像できるこのスタイルはここが作った物だというだけで凄い事ですよね。バラクータのG9ぐらいの衝撃があります。

まさに時代を作ったと言える逸品。

 

 

このマウンテンパーカーを語る上で欠かせないのが60/40クロス。通称「ロクヨンクロス」と呼ばれるコットンとナイロンの混紡素材。横糸にコットンを約60%、縦糸にナイロンを約40%の比率で織り上げられ、特徴は「撥水性」と「透湿性」に優れた点。

・撥水性

横糸の綿が水を吸って膨張すると、糸の間の目が詰まり、水を通しにくくなります。それにナイロン特有の撥水性能が合わさり、水をはじくことができるようになります。つまり、濡れることによってはじめて撥水機能が生まれるのです。この60/40クロスが生まれたのはゴアテックスのような完全防水の生地が開発される前の話。ロクヨンクロスは完全防水とまでは言えませんが、多くのアウトドアマンを雨風から守ってきました。

 

・透湿性

コットン特有の通気性を有しているので、発汗による湿気やムレを防ぎ快適な着心地を実現しています。雨を防ぎ、湿気は排出するといった、相反する機能を両立した当時としては画期的な生地。

 

 

加えて強度が高い点もポイント。100%ナイロン糸が一方向(縦)に使われているので引き裂き強度、摩擦強度、対引っかけ傷に優れています。コットンを使用しているので化学繊維よりも耐火性にも優れています。そんな凄い生地。

 

 

 

 

 

 

 

今の世の中、機能的な部分(防水性・透湿性)を考えればもっと優れた生地は沢山あるはずです。では何故今に至るまでずっと使われているんでしょうか?

その答えは生地の風合いが素晴らしい。独特の風合いと光沢を持っています。そして使い込むことで風合いも変化して味が出てきます。60/40クロスが、登場から半世紀たった今でも愛される一番の理由です。バブアーに代表されるオイルドコットンと同じ感覚ですね。あれは200年近く前に開発された生地と言われていますし。

しかもシエラデザインズのマウンテンパーカーは生地からアメリカの物を使用。アメリカの東海岸で生地が織られ、染色の後に西海岸で縫製。

まさに「リアルメイドインUSA」。堪らんっすね。

 

 

前置き長くてすいません。当店で展開しているシエラデザインズのマウンテンパーカーは2種類。レギュラーレングスの定番「マウンテンパーカー」とレングスが短い「ショートパーカー」。

 

まずは定番のレギュラーレングスのマウンテンパーカー。

レギュラーのレングスのタイプはジャケットの上にコート感覚で着られる方が多い印象。しっかりとした着丈に加えて、腕周りもそれなりのゆとりがあるのでインナーにジャケットや、厚手のスウェット、ニットを着込めるシルエットです。昔ながらのアメリカンクラシックなスタイルを好む方は迷わずこちらでしょう。

 

 

 

 

お次はショートパーカー。レングスがやや短めのタイプです。

ショートレングスはジャケットの上に着るには着丈がやや短い印象。どちらかと言えば、シャツやスウェット、ニットの上にジャケット感覚で着るのがよろしいかと。。。インナーがどうとかボトムのバランスとか何も考えずにガシガシ着るならショートですかね。

 

 

 

 

こっちがレギュラーで、

 

こっちがショート。

172センチ60キロでサイズは「JP/S」を着用。

どちらがいいとか悪いの話ではなく、着用するシチュエーションやご自身の体型やお好みでお選び頂ければと。

 

 

 

 

 

 

 

 

オンラインには既に掲載されております。下記からご覧下さい。

SIERRA DESIGNS シエラデザインズ←ブランドの商品一覧へ

 

 

 

 

シエラデザインズのマウンテンパーカーは商品の首元の織りネームにはアメリカサイズ表記と日本サイズ表記が双方記載されております。商品に付属している紙タグ(下げ札)は日本サイズ表記で記載されております。当店もそれに準じて日本サイズ表記でサイズ表記をしております。上記写真の場合は「M」サイズになります。

 

 

 

 

メールやお電話での通販も可能です。メールや電話での通販御希望の方、サイズの問い合わせなど不明点は下記からどうぞ。お気軽にお問合せ下さい。

 

電話はこちら←タップ(スマホのみ)

 

メールでの問い合わせはこちら←タップ or クリック

 

問い合わせフォームはこちら←タップ or クリック

 

 

 

 

鈴木

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

持っておきたくなる1足 ”PARABOOT”(パラブーツ) 

2020.10.10

久しぶりに来週Jリーグの試合を観に行こうかと。

 

 

 

対戦カードは名古屋グランパスVSコンサドーレ札幌戦。

 

 

 

ただ試合が行われるパロマ瑞穂スタジアムは老朽化により来年から建て替えのため休場が決定。

 

 

 

20年ほど前、私が学生時代にサッカー観戦しながらビールの売り子のバイトしていた思い出のスタジアム。

 

 

 

そんな思い出のスタジアムが年内いっぱいで終了。

 

 

 

ちょっと感慨深いものはありますがこればっかりは仕方ありませんね。

 

 

 

おそらく試合を観に行けるのは来週の試合が年内最後かもしれません。

 

 

 

試合内容はもちろんですが、スタジアムの雰囲気も一緒に来週は愉しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

さて私の話はこの辺にしておいて、今週も引き続き20FW新入荷のお便りが届いておりますよ。

 

最近雨の影響もあってか一段と朝晩の気温が下がり始めてきましたね。

 

いよいよ本格的に重ね着でお洒落を楽しめる時期が来たのではないでしょうか。

 

ということで、今回も数ある新入荷アイテムの中から個人的にオススメしたいこちらのブランドをご紹介させていただきます。

 

 

 

PARABOOT CHAMBORD – GOODYEAR

Color:NOIR Price:¥77000(tax in)

 

1年振りの再会!!

 

グッドイヤーウェルト製法のシャンボードが入荷してきました。

 

相変わらずこのシャキッとした面構えに小ぶりな雰囲気が良い感じにマッチした仕上がり。

 

定期的にオーダーしているわけではないだけに久しぶりのご対面。

 

やっぱりカッコイイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、右側の定番のノルウィージャンウェルト製法のモデルとは、似ているようで全く違う雰囲気。

 

比較してみるとパラブーツのグリーンタグはなく、定番のシャンボードより細身のラストに、ボリュームを抑えシャープにつくられたグッドイヤーウェルト製法による仕上がり。

 

紐は蝋引きを使用したまさにドレス仕様のシャンボード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用されている革はパラブーツ定番のリスレザーではなく、柔らかく艶のあるフレンチカーフを使用。

 

とても柔らかくて足当たりの良いレザーにスッキリしたソール周り。

 

ソールはノルウィージャンのモデルに使われるパラテックスソールではなく薄く、返りが柔らかいのが特徴のアクティブソール。

 

悪天候でもガシガシ履ける安心感。

 

それによく見ると踵にはレザーとラバーの積み込みヒール仕様。

 

ドレスラインのイメージに、よりフィットするよう薄いラバーソールで溝を深くしている点も見逃して欲しくない拘りのポイント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常US7Hを目安に選ぶことが多いのですが、これからの時期を考えると厚手のソックスでも合わせたいので、サイズはややきついぐらいですが伸びと沈みのことを考えるとやはりUK6Hで丁度良いサイズです。

 

甲高でやや大きめの作りということもあって、薄いソックスで履き続けるならワンサイズ下げても履けます。

 

ですが、やはり地厚みのソックスで履くとなるとかなり窮屈感を感じましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

様々なシーン、スタイリングにも安心して使っていただける利便性の良さを併せ持ったデザイン。

 

リゾルト(デニム)を筆頭に軍パン、チノパン、グルカパンツ、スラックスといった私の大好きなパンツとの相性も文句なしです。

 

てなれば、結果持っておきたくなりますよね。

 

ホントにホントに可笑しくなってきましたよ!欲しいモノだらけで物欲が崩壊しそう笑

 

サイズ展開は少量のUK6.6H.7の3サイズ。

 

今回、少量のオーダーとなっておりますので、気になる方は是非早めに確認してみてください。

 

 

 

 

 

今回ご紹介したブランド、商品のウェブショップページはこちら⇒PARABOOT/パラブーツ

 

 

 

 

 

それでは皆様のご来店、オンラインのご利用お待ちしております。

 

 

 

 

 

kawabata

 

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Works

tel : 052-259-6572
e-mail:exworks@explorer-out.co.jp
open:11:00-21:00

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

1 2 3 4 368
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

SHOP

STAFF

BRAND

NEW ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE