BLOG

koudai_kawabata

Koudai Kawabata

Explorer Works店長。接客キャリア10年オーバーのベテラン。笑顔を絶やさない物腰の柔らかい接客に定評あり。
ちょっと天然な一面も持ち合わせた「ほっこりキャラ」。

2年振りの再会 ”JOHN SMEDLEY (ジョンスメドレー)”

2021.5.1

今日からですね、ゴールデンウィーク。

 

 

久しぶりの連休とあって楽しみにしていたという方もきっと多いかと思いますが、残念ながら今年もご自宅でゆっくり過ごされるという方が多いのではないでしょうか。

 

 

この状況では仕方ありませんね。

 

 

とにかく今は少しでも良い方向に向かっていくことを信じて今できる事を日々続けて取り組んでいくしかありませんね。

 

 

 

 

 

では本題へまいりましょう。

 

雨の日が続くとまだまだ肌寒く感じる時期ですが、それでもそろそろ夏物が気になってくるタイミング。

 

ということで、今回も先週に引き続き数ある夏の主力ブランドの中から私も愛用しているブランドをご紹介させていただきます。

 

 

 

JOHN SMEDLEY (ジョンスメドレー)

創業1784年の老舗ブランドイギリスのJohn Smedley ジョンスメドレー。品のあるハイゲージのコットンニットといえば、このブランドではないでしょうか。

 

流行り廃りのない永遠に変わらないスタイルを貫き通している拘りは何年経っても飽きのこないブランド。

 

その素晴らしいブランドからこの21SSオーダーしたモデルの中から久しぶりに入荷してきたモデルをご紹介させていただきます。

 

それがこちら。

 

 

 

BELDEN  S/S COTTON CREW NECK

 

 

Color:BLACK

 

Color:NAVY

 

Color:INDIGO

 

大人の男にはオススメしたくなる半袖クルーネックニットの「BELDEN」。

 

オーダーしたのは2年振りとあって久しぶりの再会。

 

前回私のブログでご紹介させて頂いたADRIANとはまた違ってTシャツ感覚で着て頂けるラフな雰囲気のあるデザイン。

 

色は今回定番の色も含めた計5色をご用意。

 

 

 

 

 

 

締め付けられた感じもなく程よいスッキリした首元のバランス。袖口、着丈はリブ仕様で、肩はストレスのないリラックスした着心地。

 

しかも綺麗なつなぎ目に仕上げるためにボディー部分と袖は手作業で丁寧にひと針ひと針つなぎ合わせて作られた拘り。

 

けして見ただけでは分からない一枚一枚丁寧に時間をかけて作られたこの拘りこそまさにこのブランドの魅力。

 

 

 

 

 

 

 

サイズ感は安定した適度にゆとりのある絶妙なバランスのスタンダードフィットタイプ。

 

何年経っても飽きのこないサイズ感。

 

サイズ選びに関しては先週ADRIANをご紹介させて頂いたサイズ同様170センチ68キロの私の体型でMサイズで程よいゆとりのある丁度良いサイズです。

 

 

 

 

 

そして、生地はもうブログをお読みなっている方はお分かり頂いている通り最高品質のシーアイランドコットンを使用。

 

綿の中でもカシミヤのような極上の着心地は一度着てしまうと間違いなく虜に。

 

それでいて自宅でも洗えますから、汗をかいたらネットに入れて手洗いコースで洗ってくださいね。

 

それこそ毎回クリーニングへ出して洗ってたら大変ですからね笑

 

 

 

 

 

ちなみに今回このBELDENのインナーに重ね着で着用していたTシャツがFELCOのUSA MADE 40’S PLAIN CREW OVER DYE T。

 

なぜこのTシャツを今回ご紹介させて頂いたかというと、お店に来られたお客様から時々質問されることが多かった話の1つに、「ジョンスメドレーのポロシャツやクルーネックのインナーっていつも何着て合わせてます?」と聞かれることが以外にも多かったので折角ならこの機会にオススメしたいインナーも簡単に紹介しておこうと思いまして。

 

インナー用に重ねてみたらサイズ感も丁度良くてレイヤードとしても良い感じに使えますし、それこそカジュアルに合わせたい時にも良いんですよ。

 

余談ですがインナーにタンクトップで合わせて着るときも私はあります。さすがにこれは賛否両論あるかもしれませんがね笑

 

 

 

 

 

 

アメカジスタイル

 

 

ミリタリー&トラッドをMIXさせたスタイル

 

 

トラッドスタイル

 

アメカジ、トラッド、ミリタリーといった幅広いスタイルにも落とし込める万能な一枚とあって個人的にはクルーネックもオススメしたくなりますね。

 

ちょっと雰囲気を変えたい時こそ必ず手助けしてくれるそんな1枚だと私は思いますね。

 

まだお持ちじゃない方が是非この機会に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

既にオンラインに掲載されていますのでご興味ありましたらチェックしてみて下さいね。  

 

 

 

 

今回ご紹介した商品ページはこちらから⇒JOHNSMEDLEY(ジョンスメドレー)        

 

 

 

 

それでは皆様のオンラインのご利用、ご来店お待ちしております。        

 

 

 

 

kawabata        

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Collective

tel : 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp open : 平日12:00-19:00 土日祝11:00-18:00 定休日 :水曜日        

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

 

スタッフのオススメスタイリング Vol.1184 「フレンチワークスタイル」

2021.4.29

 

かれこれ学生時代から考えると20年以上経ちますが、今でも飽きずに着続けている私のワードローブには欠かせないこのフレンチワークスタイル。

 

なぜ今でも飽きずに着続けているのか?

 

シンプルですが、おそらく変わらず好きという気持ちが変わっていないだけでしょうね。

 

それこそ不思議と春秋シーズンになると時々合わせたくなっちゃうんですよね。

 

単体で合わせるバスクシャツも好きですが、やっぱり重ね着して合わせるのが私は好き。

 

バスクシャツの中にボタンダウンの白シャツを着て、パンツを軍パン、ワークパンツ、カーゴ、デニム、ショーツで合わせるのが個人的にはお気に入り。

 

で、足元はローファー、スニーカー、サンダルですかね。

 

なんか男臭いけど品のある着こなしが好き。

 

今思うと40歳を過ぎても変わらず好きでいられるスタイルに出会えたことに感謝です。

 

これからもきっと変わらず着続けていくんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

着用スタッフ カワバタ 身長170cm

 

 

 

 

 

□シャツ【GITMAN VINTAGE】L/S BD OXFORD SHIRT – WHITE

 

□カットソー【BANDOL】9/10 SLEEVE HEAVY JERSEY BOATNECK – NOIR

 

□パンツ【RRL Ralph Lauren】 REGIMENT CGO CARGO PANT COTTON RIPSTOP – GREEN 301(近日中自社サイトのみ掲載予定)

 

□シューズ【CONVERSE】CANVAS ALL STAR J OX – NATURAL

 

□キャップ【HIGHLAND2000】2×1 COTTON SHORT WATCH CAP – RICH NAVY

 

 

 

 

 

【GITMAN VINTAGE】L/S BD OXFORD SHIRT – WHITE

 

【BANDOL】9/10 SLEEVE HEAVY JERSEY BOATNECK – NOIR

 

【CONVERSE】CANVAS ALL STAR J OX – NATURAL

 

【HIGHLAND2000】2×1 COTTON SHORT WATCH CAP – RICH NAVY

 

極上の着心地 ”JOHN SMEDLEY (ジョンスメドレー)”

2021.4.26

この前久しぶりに1人で大泣きをしてしまった。

 

 

松山英樹選手がマスターズ初制覇した直後のTBSの実況小笠原アナウンサー、解説の中嶋常幸選手、ゲスト解説の宮里優作選手が涙声で快挙を伝えたあの話題となった話で笑

 

 

所謂私ももらい泣きですが笑

 

 

なぜか分かりませんが、しばらく涙が止まらなかったんですよね。とにかく感動して。

 

 

全くゴルフを知らない私でも胸にくるものがあったんでしょうかね。

 

 

だけど久しぶりに大泣きして心がスッキリしました。

 

 

なんなんでしょうね。

 

 

たまには大泣きするのも良いかもしれませんね。

 

 

最終的に何が言いたかったのかよく分からなくなってしまったので私の話はここまでにしておきましょう。

 

 

 

 

では本題へ。

 

昼間の最高気温が25℃近くまで上がってきましたね。

 

ということで、暑くなってきたこれからの時期にピッタリな夏の即戦力アイテムの中から、今回は私も長年愛用し続けているこちらのブランドをご紹介させていただきます。

 

 

 

JOHN SMEDLEY (ジョンスメドレー)

 

創業1784年の老舗ブランドイギリスのJohn Smedley ジョンスメドレー。品のあるハイゲージのコットンニットといえば、このブランドではないでしょうか。

 

流行り廃りのない永遠に変わらないスタイルを貫き通している拘りは何年経っても飽きのこないブランド。

 

その素晴らしいブランドからこの21SSオーダーしたモデルの中から1発目にオススメしたいモデルをご紹介させていただきます。

 

 

 

 

ADRIAN – S/S COTTON POLO SHIRT

 

Color:ECRU

Color:COAST BLUE

Color:INDIGO

 

毎年大好評のこの定番のレトロポロ「アドリアン」。

 

最高のクオリティーと絶妙なバランスが抜群にカッコイイ30ゲージの半袖コットンニットポロシャツ。

 

今シーズンは昨シーズンよりこの爽やかな3色が加わった計7色をご用意。

 

 

 

 

襟元はリブニット仕様でボタンは貝ボダン。

 

袖口、着丈はリブ仕様で、肩はストレスのないリラックスした着心地。

 

それに綺麗なつなぎ目に仕上げるためにボディー部分と袖は手作業で丁寧にひと針ひと針つなぎ合わせて作られた拘り。

 

けして見ただけでは分からない一枚一枚丁寧に時間をかけて作られたこの拘りこそまさにこのブランドの魅力。

 

程よいゆとりのある絶妙なバランスのスタンダードフィットは何年経っても飽きのこないサイズ感。

 

170センチ68キロの私の体型でMサイズで程よいゆとりのある私好みの丁度良いサイズです。

 

ただ、スタンダードフィットタイプということもあって着丈はやや長めに設定されていますので、身長によってはやや長く感じられる場合があります。

 

なので、もし着丈が気になるという方は、大変お手数ですがお持ちのお気に入りのポロシャツの採寸をして頂きサイズチャートと比べてみてください。

 

 

 

 

ちなみに私の身長ぐらいでしたらそこまで長く感じませんでした。それこそ時々インしてジャケットを羽織ったりして合わせるのがお好きな方なら尚更気にならないと思いますよ。

 

 

 

 

そして、既にお持ちの方はお分かりだと思いますが、生地は最高品質のシーアイランドコットンを使用。

 

綿の中でもカシミヤのような極上な肌触りの質感は一度着てしまうと間違いなく虜。

 

しかも自宅でもしっかり洗えます。

 

ただ、どうしてもこういう上質な素材を使用したポロシャツって自宅で気軽に洗えないイメージをお持ちの方が多いかと。

 

確かに洗い方は賛否両論あるかと思いますが、私はほぼ自宅の洗濯機で手洗いコースを選択して洗っています。どちらかというとこういうポロシャツでも気軽にガシガシ洗って着ちゃうタイプなんで、そこまで私の場合は気を使わないんですよね笑

 

 

 

 

 

どうしても堅苦しいと思われがちなデザインなのでやっぱりパンツはラフに合わせるのが個人的にはオススメ。

 

なので今回はデニム、軍パン、ワークパンツで合わせたスタイリングをチョイス。

 

ただ、足元はラフすぎないように敢えてスニーカー、サンダルではなく革靴で品のある大人の着こなしを演出してみました。

 

 

 

まだまだ朝晩は肌寒いですからね、早めに取り入れるならジャケット、スイングトップ、カーディガンのインナーに合わせるのも良いですよね。

 

たまには気分を変えたいなぁと思った時、いつもと違うスタイリングを取り入れたいという方にはやっぱりオススメしたいですね。

 

是非ご興味ありましたら既にオンラインに掲載されていますのでチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

今回ご紹介した商品ページはこちらから⇒JOHNSMEDLEY(ジョンスメドレー)

 

 

 

 

それでは皆様のオンラインのご利用、ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

kawabata

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Collective

tel : 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp
open : 平日12:00-19:00 土日祝11:00-18:00 定休日 :水曜日

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

 

夏の定番人気モデル2型 ”PARABOOT(パラブーツ)”

2021.4.24

先日友人に誘われ初登山へ行ってきました。

場所は三重県大安町(現いなべ市)にある竜ヶ岳。

標高1099m。

全てが初体験。

ただ、一言いうならばめちゃくちゃ疲れましたね。

登りで2時間半、降りも2時間半と初心者の私にとっては想像以上に過酷なコースでした。

もう途中足もつるし。

だけど、それだけ頑張っただけあってちゃんとご褒美があるんですよね。

頂上に着いた時の景色。

絶景でしたね。

そこで食べた昼ご飯は最高でした。

また行きたいかと聞かれると、即答はできないですが笑

でも、また機会があればチャレンジしてみたいですね。

では早速本題へまいりましょうか。

今季入荷してきた数あるオススメしたいアイテムの中から先週久しぶりに入荷してきた夏のシーズン大活躍間違いなしのアイテムを今回はご紹介させていただきます。

それがこちらの2型。

PARABOOT CORAUX(コロー) 

デッキシューズの仕様をベースに作られたビーフロールローファーCORAUX(コロー)。

色展開はどの色も持って置きたくなるほど使い回しの良いこの3色。

そして、もう1型。

PARABOOT BARTH(バース) 

フランス海軍潜水艦部隊に納入されていたデッキシューズをベースに作られたBARTH(バース)。

色展開は使い回しの良さ、合わせやすさ考慮してオーダーしたこの4色。

どちらもクセのないシンプルなデザインとあって夏の幅広いスタイリングには欠かせないアイテム。

ちなみに今回はシボ感のあるレザーを使用した渋くてシックな色を中心にオーダーしましたから、それこそ夏らしい爽やかなスタイリングにも合わせやすい色を今回はご用意しました。

それこそパラブーツらしくガシガシ気軽に履ける男臭い雰囲気がお好きという方には間違いない1足ですね。

丸みのあるトゥのバランスに無骨な面構えは相変わらず良い雰囲気。

全体的にスッキリしたつくりの印象ですが、そこまでドレス感の主張は強すぎないためカジュアルな合わせには相性抜群。

そして、このデッキシューズの最大の魅力といえば素材とソール。

アッパーは雨水や海水に濡れたり乾いたりを繰り返しても型崩れやひび割れしにくい強靭なヴォイルレザーと履きはじめから快適に履いていただける非常に柔らかく足当たりも良いスエードを使用。

さらにアウトソールは潜水艦の乗員が船内作業時に滑りにくく、また足音もたたないように工夫してつくられた”MARINE”ラバーソールを採用。

他のブランドではなかなか見つからないだけにこの値段帯でこのスペックは正直オススメです。

ちなみにサイズ選びに関してですが、コローは私の素足の実寸で足長25.0cm足囲24cmで、通常US7H-US8を目安に選びますが、こちらは革の馴染みと踵の抜けを考慮してタイトめのUK6を選びます。

ただバースに関してはいえばコローと比べ甲高なつくりではないため革の馴染みと踵の抜けを考慮してサイズを選ぶとしたら1つ上のUK6Hで丁度良いサイズですね。

確かに革質や個体差によって若干のフィット感が違う場合もありますが、2型とも想像以上に伸びることを考えてある程度タイトフィットでサイズを選んで頂いたほうが間違いないかと。

それこそ夏は素足で履きたいという方なら尚更タイトなサイズ選びがオススメですね。

是非ご参考にしていただければ幸いです。

では、最後に私のオススメスタイリングで今回オーダーした7足を合わせてみましたので、是非ご興味ある方はご参考にしてみてくださいね。

CORAUX – AMERICA

CORAUX – FOUL BROWN

CORAUX – FOUL BLACK

BARTH – FOUL BROWN

BARTH – VEL FAUVE

BARTH – FOUL BLACK

BARTH – AMERICA

いかがでしたか。本格的な夏はまだまだこれからですが、このスプリングフェアのタイミングで一足先に足元から夏を演出したスタイリングを取り入れてみるのも絶好のタイミングかと。もう既にオンラインには掲載されていますので是非気になる方はチェックしてみてくださいね。

あ、言い忘れるところでした!

実は私昨年から気になっていたこちらを購入しちゃいました。昨年から急にスエードの短靴、ローファーにハマり始め買い揃えたくなっちゃたんですよね。急にハマっちゃうパターン皆さんもありますよね??ただそんなことを言いながらもシボ革のバースもコローも滅茶苦茶カッコいいから最終的にかなり迷いましたけど笑。とはいえ半年前に個人オーダーしちゃいましたからね、もう最後は見て見ぬふりして決断しましたよ。てなわけでこの夏はガシガシ履きまくります。

今回ご紹介した商品ページはこちらから⇒PARABOOT(パラブーツ)

それでは皆様のオンラインのご利用、ご来店お待ちしております。

kawabata

取扱店舗:Explorer Collective

tel : 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp


open : 平日12:00-19:00 土日祝11:00-18:00 定休日 :水曜日

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

アメカジ好き&スウェット好きには外せないアイテム2型 ”FELCO(フェルコ)”

2021.4.17

先日スズキのブログにてご案内があった通り、いよいよ本日4月17日から実店舗にて「SPRING FAIR」を開催します。

 

また大変ご迷惑をおかけしますが、準備ができ次第オンラインでも開催予定となっておりますので遠方のお客様はもうしばらくお待ちくださいませ。

 

内容は一部のブランド、既にセールプライスになっているモノを除いた対象ブランドは全品10%OFFでご提供させていただきます。

 

また、昨年展開していたもので今年は入荷予定がない商品に関しては10%以上の割引きの商品もございます。

 

是非この機会にご興味あるブランド、アイテムがありましたらチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

では本題へいきましょうか。

 

気づけば21春夏の入荷分も残すところ3~4割程度。

 

この数ヶ月間怒涛の入荷ラッシュでしたからね、夏物も随分揃い始めていますよ。

 

私事ですが、半年前に個人オーダーしたアイテムも先日の入荷分で全て揃いました。さて、どうやって支払いをしていきましょうかね、電卓叩いて考えます笑

 

結果的に今季も物欲を抑えられないシーズンになっちゃいましたが、まぁ仕方ありませんね。

 

ということで、今回も先週に引き続きFELCOから即戦力として使って頂けるアイテムの中から個人的にオススメしたいアイテムをピックアップしてご紹介させていただきます。

 

 

 

Felco(フェルコ) ← クリックでブランドカテゴリページへ

 

1930年代後半にアメリカはニューヨークでアスリートの為のウェアとして決して豊かとはいえない時代の中で設立。

 

主にコットン、ウール、ナイロンを使用したTシャツ、レターマンジャケット、ベースボールシャツ、コーチジャケット、キャップなどを生産しているFELCO(フェルコ)。

 

普遍でありつづけるクオリティと飽きの来ない安定感を持ったアスレティックウェア、デイリーウェアを提案するブランド。

 

そんな当店の顔と言ってもいいブランドの1つFELCOからまさに即戦力アイテムとして使って頂けるアメカジ好きにはオススメしたくなるアイテムをご提案させていただきます。

 

それがこちらの2型。

 

 

 

 

 

 

 

S/S RAGLAN SWEAT LT WEIGHT FRENCH TERRY

 

 

先月入荷してきた19SSからリリースのTシャツ感覚で着て頂けるアメカジ好きには堪らないラグランスリーブ仕様のライトウェイト半袖スウェット。

 

半袖Tシャツではまだちょっと早いこの時期、だけど昼間の気温、重ね着で合わせたりすることを考えるとそろそろ即戦力として使って頂ける丁度良いアイテム。

 

色展開は昨シーズン展開していたFADED_COFFEEの代わりにBRITSH KHAKIが新色として加わったこの6色。

 

 

 

 

 

 

そしてもう1型。

 

 

S/S INVERSE WEAVE SWEAT 12oz LT WEIGHT FRENCH TERRY

 

 

こちらも見落としてほしくない1年ぶりに入荷してきたインバースウィーブ仕様のガセット付きライトウェイト半袖スウェット。

 

男臭さ満載のガチッとした面構えはまさにアメカジ好きには堪らない仕上がり。

 

色はラグランスリーブの半袖スウェット同様6色展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶妙な首元の詰まりぐあい。身幅、アームは程よくゆとりのあるスッキリとしたサイズバランス。

 

肩はストレスのないリラックス感のラグランスリーブ仕様とセットイン仕様。

 

着丈は昔のヴィンテージスウェットらしい長めに設定されたリブ仕様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体的にスッキリとしたサイズ感ですから、もし個人的にジャストサイズでサイズを選ぶとしたらパンツをやや太めにして合わせたいですね。それこそ程よくゆとりのあるサイズを選ぶとしたらワンサイズ上げても良いですし、インナーにロンTを絡めて着たいとかレイヤードを愉しみたいというイメージあればサイズを上げて遊ぶのも良いですよね。

 

極端な話オーバーサイズでつくられていないので、どう着たいか、どう合わせたいかで色々とスタイリングを愉しめるのもこのスウェットの魅力だと思いますよ。

 

ちなみに170センチ68キロの私の体型でサイズはMでストレスのないスッキリとしたサイズ感。インナーにロンTやTシャツを重ね着して合わせたり、単品で程よくゆとりのあるサイズで着るとすればLサイズを選びます。

 

 

 

 

 

 

そして、生地は程よい厚みとコシのあるライトウェイトのフレンチテリー(裏起毛していないスウェット生地)を使用。

 

柔らかい風合いと軽い着心地の良さにガシガシ洗っても縮まないタフさを併せ持った素材はこのデザインの最大の魅力。

 

 

 

 

 

 

 

 

どれも持っていて便利だと感じたので2色に絞るのはかなり悩みましたが、最後は私がオススメしたい色はこちらの2色。

 

パンツ選びに困ることなく単品でもインナー使いでも対応しやすいこのHEATHER GREY。

 

アメカジ好き、それこそスウェット好きな方なら必ず1枚は持っているこの定番色はやっぱりオススメ。

 

そして、もう1色はこの新色BRITSH KHAKI。

 

そこまでパンツ選びも難しくなく、インナー合わせも色によってはしっくりハマりやすい色合い。それに土臭い感じがまた良い雰囲気ですからね、既に定番色は持っているという方には新たに付け加えてほしいオススメの色ですね。

 

アメカジスタイルはもちろんのこと、トラッド、スポーティ、アウトドアスタイルといったシンプルなデザインだからこそ幅広いスタイリングに落とし込みしやすいアイテムですね。

 

是非ご興味ありましたらこの機会に確認してみてください。

 

 

 

 

 

今回ご紹介した商品ページはこちらから⇒FELCO(フェルコ)

 

 

 

 

 

それでは皆様のオンラインのご利用、ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

kawabata

 

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Collective

tel : 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp
open : 平日12:00-19:00 土日祝11:00-18:00 定休日 :水曜日

 

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

 

スタッフのオススメスタイリング Vol.1180 「頼りがいのある存在」

2021.4.15

 

スタイリングに困った時、幾度となく助けてくれたギットマンヴィンテージのオックスフォードの白シャツ。

 

 

いたってシンプルなデザインですが、様々なスタイリングに適応してくれる汎用性の高さは頼りがいのある存在。

 

 

それこそ流行り廃りのない程よいゆとりのある絶妙なサイズ感は歳を重ねても飽きずに着続けられる魅力。

 

 

朝晩の気温を考えるとまだまだ1枚だけでは着にくい時期ですが、それでも昼間の気温ぐらいでしたら間違いなく即戦力。

 

 

てなれば、時々主役で着たくなりますね。

 

 

やや太目のワークパンツにローファー合わせ。

 

 

個人的にはこの合わせやっぱり大好きですね。

 

 

 

 

 

着用スタッフ カワバタ 身長170cm

 

 

 

 

 

□シャツ【GITMAN VINTAGE】L/S BD OXFORD SHIRT – WHITE

 

□パンツ【RRL Ralph Lauren】 FIELD CHINO FLAT PANT – DARK GREEN 301(自社サイトのみ掲載中)

 

□シューズ【ALDEN】CALF PENNY LOAFER WIDTH:D – BURGUNDY 984(自社サイトのみ掲載中)

 

□キャップ【HIGHLAND2000】2×1 COTTON SHORT WATCH CAP – SLATE

 

 

 

 

 

【GITMAN VINTAGE】L/S BD OXFORD SHIRT – WHITE

 

【RRL Ralph Lauren】 FIELD CHINO FLAT PANT – DARK GREEN 301

 

【ALDEN】CALF PENNY LOAFER WIDTH:D – BURGUNDY 984

 

【HIGHLAND2000】2×1 COTTON SHORT WATCH CAP – SLATE

 

飽きない長袖 CREW NECK T-SHIRTS ”FELCO(フェルコ)”

2021.4.10

先週火曜日からスタートしたフェルコフェアもいよいよ残すところ2日間。

 

即戦力として使って頂けるアイテムから夏のシーズンに向けて使って頂けるアイテムまで幅広いラインナップが勢揃いした絶好のタイミングです。

 

是非この機会にご興味あるアイテムがありましたらチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

では本題へいきましょうか。

 

今週も続々と新入荷アイテムが届いていますが、やはり今回もイベント対象ブランドFELCOから個人的にオススメしたいアイテムをピックアップしてご紹介させていただきます。

 

 

 

 

Felco(フェルコ) ← クリックでブランドカテゴリページへ

1930年代後半にアメリカはニューヨークでアスリートの為のウェアとして決して豊かとはいえない時代の中で設立。

 

主にコットン、ウール、ナイロンを使用したTシャツ、レターマンジャケット、ベースボールシャツ、コーチジャケット、キャップなどを生産しているFELCO(フェルコ)。

 

普遍でありつづけるクオリティと飽きの来ない安定感を持ったアスレティックウェア、デイリーウェアを提案するブランド。

 

そんな当店の顔と言ってもいいブランドの1つFELCOからまさに即戦力アイテムとして使って頂けるタイミング間違いなしのアイテムをご提案させていただきます。

 

それがこちらの2型。

 

 

 

 

 

 

 

 

L/S NEW INVERSE WEAVE TEE 7oz 18SINGLE JERSEY

 

 

まずは2019シーズンからリリースされた大好評の日本製長袖クルーネックポケットTシャツ。

 

幅広いスタイリングに落とし込めやすく癖のないシンプルなデザイン。

 

色展開は合わせ易さ使い回しを考えるとどれも持って置きたくなるこの5色。

 

個人的にはインナー使い、パンツ選びには困ることのないH.GREYと単品で着た時の雰囲気が良い感じのBLACK。

 

他の色ももちろん持っていると便利な色ですからね、正直厳選するのは難しいですが敢えて選ぶならこの2色ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首元は開きのないしっかりと詰まった仕様。身幅、アームはゆったりとしたアメリカブランドらしい絶妙なバランスのボックスシルエット。

 

着丈はタンクトップ、Tシャツなどレイヤード合わせにも楽しんで頂けるやや短めに設定されたバランス。

 

今の流行のオーバーサイズほどのサイズ感ではないですが、フェルコが展開しているロンTの中では1番ゆったりと着て頂けるデザイン。

 

ちなみにサイズは170センチ68キロの私の体型で程よくゆとりのあるサイズ感で着るならMサイズで、一枚でゆったりとしたサイズ感で着るならLサイズが丁度良いサイズです。

 

 

 

 

 

 

生地は一度洗いをかけた程よくハリのある耐久性に強いコットン素材を使用した7オンス仕上げ。

 

また生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減し、サイドリブが横縮み防止と動きやすさを実現したインバースウィーブ仕様。

 

ガシガシ洗って着倒しても型崩れしにくくへたれない拘りの完成度。

 

 

 

 

 

 

 

ゆったりしたサイズ感のTシャツとあって個人的には太めのパンツにローファーやスニーカー合わせでスタイリングを組むのが好みですかね。

 

それこそショーツにスポサンで合わせたスポーティなスタイリングにも相性が良いですからね、春夏秋シーズンと長いシーズン色々と愉しんで頂ける一枚だと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

そして、もう1型がこちら。

 

 

 

 

 

L/S NEW HI CREW POCKET T 30’S USA COTTON

 

 

先月こちらも約半年ぶりに入荷してきた日本製のアメリカらしい首元のリブが広くやや詰まった長袖ハイクルーポケットTシャツ。

 

色展開はどの色も持っていて便利だと思わせてくれる着回しの良いこの4色。

 

個人的にはインナー使い、長いシーズン着続けられることを考えるとやっぱりWHITEは外せない色。そしてもう1色は単品使いでもスタイリングに良い意味で男臭さを表現してくれるBRITSH KHAKIがオススメですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首元は開きのないしっかりと詰まった仕様。身幅、アームは程よくゆとりのあるアメリカブランドらしい絶妙なバランスのボックスシルエット。

 

着丈は長すぎず短すぎずない丁度良いバランスに設定された長さ。袖口は目がしっかり詰まったリブ仕様。

 

先ほどご紹介したインバースウィーブ仕様のロンTと比べると全体的に程よくゆとりがあるスッキリとしたシルエットで着て頂けるサイズ感。

 

ちなみにサイズは170センチ68キロの私の体型でスッキリとしたサイズ感で着るならMサイズで、程よくゆとりのあるサイズ感で着るならLサイズが丁度良いサイズです。

 

 

 

 

 

 

そして、生地はUSAコットンを使用した薄い生地感に柔らかくてサラッとしたドライな肌触りが良い感じ。

 

それでいて洗っても縮みにくく耐久性にも優れた仕上がり。

 

2、3年前でしょうか、私も購入して春秋シーズンをメインに今でも着続けていますが、型崩れもなくサイズ感もほとんど縮んだ感じもありません。

 

なので、正直この薄い生地感でこのタフさでこのプライスはオススメしたくなりますね。

 

 

 

 

 

 

 

どちらかというとスッキリとしたサイズ感のTシャツですから、個人的にはやや細みのパンツにローファー合わせでちょっと小奇麗に合わせたくなりますね。

 

もちろん太目のパンツでも相性が良いので気分によってカジュアルに合わせてスタイリングを愉しむのもありだと思いますよ。

 

とはいってもまだまだ寒暖差が激しい時期ですからね、朝晩はライトアウターのインナー使いで、昼間は一枚で雰囲気つくってスタイリングを愉しんでほしいですね。

 

既にオンラインにはアップされていますので是非ご興味ありましたらチェックして見てくださいね。

 

 

 

 

今回ご紹介した商品ページはこちらから⇒FELCO(フェルコ)

 

 

 

 

それでは皆様のオンラインのご利用、ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

kawabata

 

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Collective

tel : 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp
open : 平日12:00-19:00 土日祝11:00-18:00 定休日 :水曜日

 

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

 

新型が加わり再入荷 ”FELCO(フェルコ)” ヴィンテージ GYM PANT

2021.4.3

今週火曜日からスタートしたフェルコフェア。既に値下げとなっている商品以外は全品10%OFFでお買い求めて頂けるビックイベント。

 

即戦力として使って頂けるアイテムから夏のシーズンに使って頂けるアイテムまで幅広いラインナップが勢揃いした絶好のタイミングです。

 

是非この機会にご興味あるアイテムがありましたらチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

では本題へいきましょうか。

 

連日最高気温20℃超え。急な暑さで体調も崩しやすくなっています。くれぐれも体調管理にはお気を付けてお過ごしください。

 

今週も続々と新入荷アイテムが到着していますが、今回はやはりイベント対象ブランドFELCOから個人的にオススメしたいアイテムをピックアップしてご紹介させていただきます。

 

 

 

Felco(フェルコ) ← クリックでブランドカテゴリページへ

1930年代後半にアメリカはニューヨークでアスリートの為のウェアとして決して豊かとはいえない時代の中で設立。

 

主にコットン、ウール、ナイロンを使用したTシャツ、レターマンジャケット、ベースボールシャツ、コーチジャケット、キャップなどを生産しているFELCO(フェルコ)。

 

普遍でありつづけるクオリティと飽きの来ない安定感を持ったアスレティックウェア、デイリーウェアを提案するブランド。

 

そんな当店の顔と言ってもいいブランドの1つFELCOから大好評のこちらのパンツをご提案させていただきます。

 

それがこちらの2型。

 

 

 

 

GYM PANT SUPER HARD JERSEY

 

 

過去何度もご紹介してきた春秋冬シーズンには欠かせない定番アイテムのヴィンテージスウェットパンツをベースにデザインされたジムパンツ。

 

先月半年ぶりにサイズが欠けているところが再入荷。

 

今回は使い勝手の良さ、使い回しの良さを考慮してオーダーしたこの4色展開。

 

 

 

 

 

 

そして、今シーズン新型として入荷してきたのがこちら。

 

 

 

 

GYM PANT SUPER HARD JERSEY w LINE RIB

 

 

ウエストと裾のリブにはライン入りが特徴のジムパンツ。

 

定番のジムパンツと比べるとよりスポーティーな雰囲気に仕上げられたデザイン。

 

色展開は使い回しの良い定番色の2色。

 

 

 

 

 

 

生地は何度もご説明してきましたが、アメリカらしい目の詰まったスーパーハードジャージー素材を使用。

 

柔らかい生地により楽に穿けてコシのある頑丈さ。

 

ガシガシ洗っても形は崩れず穿き続けられるところがこの生地の最大の魅力。

 

気軽に穿けてヘタれない、まさにアメリカらしい耐久性の強さを実現させた素晴らしい1本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでいてこの美しい裾に向かってテーパードが効いた美脚効果のシルエット。

 

幅広いスタイリング、幅広い靴でも柔軟に対応できる使い回しの良いジムパンツ。

 

ちなみに170センチ68キロの私の体型でサイズはMサイズで全くストレスのない穿き心地の丁度良いサイズです。

 

 

 

 

 

 

ウエスト周りは伸縮性に優れたゴム入りのリブ仕様+ドローコード付き。

 

後ろにはパッチポケットを採用したスナップボタン。

 

裾はスッキリとした絞りの強くないゴム入り仕様。

 

 

そして、新型はウエスト、裾が特徴のライン入りリブ仕様。左腰のあたりにはブランドロゴ付き。

 

 

 

 

 

 

スニーカーとの相性の良さは言うまでもありませんが、やっぱり革靴との相性もホントに良いですね。

 

裾の部分はスッキリとした絞りの強くないゴム入り仕様で、股下は短めに設定されたつくりのため、よく見かけるスウェットパンツと比べるとカジュアルでもコギレイなスタイルでもどちらでも落とし込みし易いデザインなんですよね。

 

ですから、過去に私のブログで何度もご紹介しているので今回も重複してしまいますが、結果的に子供っぽく見えないかつ利便性の高いパンツということなんです。

 

しかもそこまで地厚めの生地感ではないですから、暑いシーズン以外の時期であれば即戦力として長い期間使っていただけます。

 

街中へ出掛ける時はもちろん、近所のスーパーへ買い出しに行く時、ジムへ行く時、銭湯へ行く時、贅沢に部屋着としても、何を穿いていこうか迷った時、今日はちょっと楽したパンツを穿きたいと思った時こそオススメしたいパンツですね。

 

まだお持ちじゃない方、既にお持ちの方で色違いで検討されている方、既にどの色もウェブページにアップされています ので、是非ご興味ありましたら確認してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

そして、今回新型として入荷してきたまさにアスレチックブランドらしいスポーティな雰囲気のジムパンツこそスポーティ、スポーツミックスで合わせたり、アウトドアスタイルで合わせたいという方にはオススメしたいですね。

 

既に色によっては完売していますが、ご興味ありましたらこちらも是非確認してみて下さい。

 

 

 

 

今回ご紹介したブランド商品ページはこちらから⇒FELCO(フェルコ)

 

 

 

 

それでは皆様のオンラインのご利用、ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

kawabata

 

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Collective

tel : 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp
open : 平日12:00-19:00 土日祝11:00-18:00 定休日 :水曜日

 

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

 

スタッフのオススメスタイリング Vol.1176 「鉄板スタイル」

2021.4.1

 

今日から4月。

 

 

ようやく春スタイルでオシャレを愉しめる暖かさ。

 

 

ということで4月1発目の私のオススメスタイリングは「リゾルト鉄板スタイル」。

 

 

バラクーダのG9+色落ちしたリゾルト710モデル+ローファー合わせ。

 

 

インナーはワーカーズのプルオーバーシャツで全体的に小綺麗な雰囲気に。

 

 

歳を重ねても飽きずに着続けられる流行り廃りのないスタイリング。

 

 

様々なスタイリングがある中でやっぱりこの時期外せないスタイルですね。

 

 

 

 

 

着用スタッフ カワバタ 身長170cm

 

 

 

 

 

□アウター【BARACUTA】G9 ORIGINAL

 

□シャツ【WORKERS】PULLOVER BD SHIRT(SOLD OUT)

 

□パンツ【RESOLUTE】 710 ONE WASH – 66 TYPE

 

□シューズ【ALDEN】CALF PENNY LOAFER WIDTH:D(自社サイトのみ掲載中)

 

□キャップ【FELCO】TWILL BB CAP

 

 

 

 

 

【BARACUTA】G9 ORIGINAL

 

【RESOLUTE】 710 ONE WASH – 66 TYPE

 

【ALDEN】CALF PENNY LOAFER WIDTH:D

 

【FELCO】TWILL BB CAP

 

My Resolute(リゾルト)710モデルエイジング!!

2021.3.29

こんにちはカワバタです。

 

今回私が6年穿き続け育てたリゾルト710モデルのエイジングをご紹介させていただきます。

 

やや長めの内容となっていますので、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

では早速まいりましょうか。

 

既にお持ちの方ならご存じ頂いている方もきっと多いかと思いますが、簡単にブランド説明から。

 

 

 

RESOLUTE (リゾルト)

RESOLUTE(リゾルト)はメイド・イン・ジャパンにこだわり、織布から染め、縫製、仕上げまでの全生産工程が西日本の中国地方、備後地区の熟練の職人たちの手によって生産されるデニム(ジーパン)。

 

 

昔ながらの染色方法、旧式織機で織られたオリジナルの生地の最大の特徴は、手に取るようにわかる毛羽立ち。この毛羽立ちこそが味のある色落ちに不可欠な要素になります。穿きこみ、身体に馴染んでいくにつれて、膝や腰、股など摺れる部分から毛羽がなくなっていき、そこから色が落ち始めていく。毛羽がなくなった部分は淡く、残っている部分は濃い色のまま。この濃淡が1本のデニムに絶妙なカラーコントラストを生み出します。したがって、リゾルトのデニムが穿き手にあわせて「仕上がって」いくには、少なくとも1年は穿き続けなければなりません。

 

 

「最初はもっさいパンツやけど、穿きこんだらええ色になる」というデザイナー林氏の言葉通り、あえて加工を施さないベーシックなデニムだからこそ、穿きこむことで身体に馴染んでいき、そこから生まれる色落ちが唯一無二の「加工」となっていくのです。

 

 

RESOLUTEが目指すのは、トップスとシューズを選ばない、どんなコーディネートにも合わせることができる、「道具」としてのデニム。
デニム=アメカジにとらわれることなく、仕立ての良いジャケットやコート、ドレスシャツにタイドアップといった大人のデニムの着こなしにもしっかりフィットするパンツを目指しています。

 

 

上記のように職人気質の日本が誇る至極のデニムブランドです。

現在は日本国内だけでなく海外への進出も果たしています。アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界的にも幅広く展開。日本のデニムのクオリティが世界的に認められている確固たる証拠。イイモノは偏った見方をせずにしっかりと認める海外のマーケットでしっかりと認められるのは正に本物の証ですね。

 

 

デニムが売れない時代と言われている中、国内問わず海外からも今なお高く支持され続けている素晴らしいデニムブランドが展開している定番モデル710を購入して6年穿き続け育てた私のエイジングがこちら。

 

 

 

 

710 ONE WASH – 66 TYPE INDIGO

Price:¥24200(tax in)

 

洗うたびに毛羽立つ1960年代のデニム生地を再現した、細めのストレートタイプの710。通称「66」と呼ばれているLEVI’S 501のデザインとシルエットを踏襲。

 

左側の写真は私が6年愛情込めて洗い穿きこんで育て色落ちしたデニム。

右側の写真は一度洗い乾燥機にかけた状態のデニム。

 

 

 

 

ジャストサイズでサイズを選ぶことで腰回りに穿きジワによるヒゲが良い感じに。

なかなかアタリが付きにくいと言われているボタンフライ部分にも良い感じにアタリが出ていますね。

 

コインポケットはイナズマのようなパッカリングがしっかり出ています。ここもなかなか育て方によっては出にくいと言われているところ。

 

 

ウエストのパッチは紙パッチ。6年洗い続けているとさすがにサイズ表記もくすんで皺が入って良い感じのヤレ感。まぁここまで洗い続ければそうなってしまいますけどね。

そして、恥ずかしながらお尻周りは自転車に乗って穿き続けたことで擦れて色が白っぽくなってしまった状態。そもそもリゾルトを穿いて自転車に乗ること事態オススメできないですが笑、これはこれで最初から加工されたデニムでは絶対に味わえないまさに自分で育て続けたゆえの面白さが詰まったエイジングではないですかね。

 

 

 

左足側のねじれはリゾルトらしい特徴の一つ。サイドの縫い目が内側に巻くようになっています。膝は色が抜けて良い感じに。また耳の部分は凸凹が特徴のアタリもキレイに現れている感じが良いですね。

まさにオールドヴィンテージデニム感漂うエイジング。

自宅の洗濯機で水洗いによる天日干しでもこれぐらいのアタリは現れると思いますが、もっとはっきりとアタリを出したいならやっぱりコインランドリーの乾燥機がオススメ。

私の場合だいたいですが、市販の洗剤で5~6回穿いて1回洗って天日干して乾かして、数ヶ月に一度コインランドリーで30分~40分程度乾燥機に入れてまわして育てた感じです。

そこまで拘って育てたくない方は自宅の洗濯機で洗うだけでも十分アタリは出てきますからご安心を。

 

で、これが膝裏。私の場合あまりハチノスが出ていません。ここの部分も人によってはしっかり出ている場合とそうじゃない場合があるから面白いですね。もし既にお持ちの方はチェックしてみては。

 

レングスは少しロールアップすることで踝が見えるくらいの長さになります。セルビッチの赤耳をチラリと見せて穿けるところもポイントですね。

またチェーンステッチですから、裾にも独特なパッカリングが良い感じに出てますね。

 

私の6年穿き続けきた710モデルのエイジングいかがだったでしょうか?

改めてこのブログをきっかけに細かく確認していくと所々アタリやパッカリングが良い感じに出てて育ってましたね。やっぱり自分で育てるって愉しいですね。エイジングの進捗度合が明らかに分かってくると愛着が湧いてきますし、ヒゲやアタリが出始めるともうキュンキュンしちゃんです。それこそ同じサイズをもう1本購入したとしてもきっと同じようには育てられないですからね。そもそもそれが愉しいと思った方はきっとドハマりするタイプだと思いますよ。私もその一人ですけどね。それに一度気に入るとサイズ違い、レングス違い、モデル違いで揃えたくなってしまうんですよね。敢えてサイズアップしてゆったりしたシルエットで育ててみたり、敢えてレングスを短くして春夏シーズン使用で買い足してみたり、スタイリングや季節によって710、711、712を使い分けて合わせてみたりと、考え方次第で何通りも愉しめるデニムなんです。

 

 

 

 

 

だけど、リゾルトの魅力はエイジングだけではありません。ジャケパンスタイル、アメカジスタイル、アウトドアスタイル、スポーティースタイルなど幅広いスタイリングに対応できる万能タイプのデニムなんです。スキニーのほど細すぎない絶妙なシルエットこそ万能選手と言われている理由。ましてやこの綺麗なシルエット。とくに横のシルエットがめちゃくちゃ綺麗ですね。短い私の足の長さでも美脚効果と言っていいぐらい足が長く綺麗に見えます。

 

サイズ選びは基本的にはジャストサイズ。しっかり穿き続ければ1インチは必ず伸びますから、それを想定してサイズを選びます。ただウエスト、ヒップ周り、膝があたっている部分は馴染みがでて伸びるんですが、ワタリは正直伸びません。ですから、基本的に710は太ももがガッチリしている体型の方はサイズを上げてサイズ選んでいただくか、もしくは711モデルか712モデルにシフトしていただいほうが体型に合ったサイズを選んでいただける場合もあります。これまでホントに沢山のお客様とお会いしてご提案させて頂いた経験から感じたことですので、一概にもそうじゃない場合もありますがご参考としてお伝えしておこうと思いまして。

 

で、お次はレングス選びですが、基本的にリゾルトが推奨しているレングスの選びかたはノークッション。いわゆる短めです。ただ約2センチ位のロールアップをした状態で穿きたいのか、はたまたロールアップせずに穿きたいのかでレングス選びはやはり変わります。それこそ合わせる靴によっても変わってきます。お好みもあるとかと思いますが、あくまでも目安としては一折した状態で踝がチラッと見えるぐらいが理想的だと私は思いますね。なかなか言葉でお伝えするよりかは実際お店でご試着して穿き比べて購入されたほうがホントはオススメなんですけど、この状況です。ご来店が難しいというお客様も当然いらっしゃるかと思いますのでご興味ありましたら気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

先ほどサイズ選びに関して1インチ必ず伸びることを想定してサイズ選びをしますとお伝えしましたが、私の6年穿きこんだ710と一度洗いかけて乾燥機に入れた新品の710とどのくらい伸びているのか確認してみました。

それが上の写真です。

 

個体差もありますから一概にも言えない場合もありますが、ウエストはだいたい約5㎝ほど伸びていて、レングスは約1.5㎝ほど縦に縮んでいましたね。

 

ちなみに170センチ68キロの私の体型でサイズはW31 L30を購入。だいたいですが、私の場合5~6回ほど穿いて一度洗い天日干しで乾かして、3~4ヶ月に一度コインランドリーで乾燥機に入れるルーティンでこの6年穿き続けてきました。

 

ですから、ここまで穿きこんでいくと結果的にウエスト、レングスは変わりますからあくまでもそれを想定してサイズを選んで頂いても良いと思いますよ。ただし購入してから1年ぐらいは体型維持してくださいね。じゃないと穿けなくなりますから笑

 

 

 

最後はリゾルト鉄板スタイルで今回のブログを締めくくりとさせていただきます。

 

最近リゾルト目当てにご来店頂いているお客様も増え始めています。前から気になっていた方、この春から育ててみようとお考えの方、サイズ違いでご検討されている方、モデル違いでご検討されている方、これをきっかけにご興味ありましたら是非確認してみてくださいね。

 

 

 

 

今回ご紹介した商品ページはこちらから⇒RESOLUTE(リゾルト)

 

 

 

 

それでは皆様のオンラインのご利用、ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

 

kawabata

 

 

 

 

 

取扱店舗:Explorer Collective

tel : 052-806-8832 e-mail : ex@explorer-out.co.jp
open : 平日12:00-19:00 土日祝11:00-18:00 定休日 :水曜日

 

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

 

1 2 3 4 50
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

SHOP

STAFF

BRAND

NEW ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE