BLOG

seiji_suzuki

Seiji Suzuki

店舗統括マネージャー兼チーフバイヤー。2児のパパながら物欲が止まらない典型的な洋服バカ。

スタッフのオススメスタイリング Vol.1110 「まだまだローファー気分」

2020.8.13

今年はローファー気分だとお伝えしてまいりましたが本格的な夏になり更に加速中。

 

 

春から毎日ローファーしか履いておりません。スニーカーやサンダルよりもちゃんと見えて、紐の革靴よりもカジュアル。

 

 

半袖、短パンの少年のようなスタイルを「大人の夏スタイル」に変えてくれるのもローファーによるモノ。

 

 

それでいて脱ぎ履きが楽なんてそんなパーフェクトな靴があっていいのでしょうか?

 

 

サイズ選びがシビアなのが難点でしょうか。

 

 

当面はお世話になりそうです。

 

 

着用スタッフ スズキ 身長172cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□キャップ【FELCO】SWEAT BB CAP – NAVY / F NATURAL 

 

□半袖スウェット 【FELCO】S/S RAGLAN SWEAT IVY STRIPE – NAVY

 

□ショーツ 【KEATON CHASE USA】BERMUDA SHORT W/BUCKLE BACK COOL MAX SEERSUCKER – NAVY 

 

□シューズ 【G.H.BASS】LOGAN – WINE 

 

 

 

 

 

FELCO (フェルコ) SWEAT BB CAP - NAVY / F NATURAL

【FELCO】SWEAT BB CAP – NAVY / F NATURAL 

 

FELCO (フェルコ) S/S RAGLAN SWEAT IVY STRIPE - NAVY

【FELCO】S/S RAGLAN SWEAT IVY STRIPE – NAVY

 

KEATON CHASE USA (キートンチェイスUSA) BERMUDA SHORT W/BUCKLE BACK COOL MAX SEERSUCKER - NAVY

【KEATON CHASE USA】BERMUDA SHORT W/BUCKLE BACK COOL MAX SEERSUCKER – NAVY 

 

 

G.H.BASS (ジーエイチバス) LOGAN - WINE

【G.H.BASS】LOGAN – WINE 

 

夏季休業のお知らせ

2020.8.9

こんにちは。鈴木です。

 

本日は夏季休業のお知らせです。

 

天白の「Explorer Collective」は8月11日火曜日から16日日曜日まで夏季休業とさせていただきます。

 

商業施設「ラシック」内のExplorer Worksは現段階では平常通りの営業予定となっております。(ラシックの営業スケジュールに準ずる)

 

ご来店予定だったお客様には申し訳ございませんが何卒ご了承ください。

 

オンラインストアは平常通り受注、出荷可能ですので外出自粛の方はオンラインストアをご利用下さいませ。

 

鈴木

 

 

■Explorer Collective

〒468-0003 愛知県名古屋市天白区鴻の巣1-2401

Open 平日 12-20  土日・祝日 11-19

Close 火曜・水曜定休(8月11日から16日までは夏季休業)

Tel 052-806-8832

 

 

■Explorer Works

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-6-1ラシック6F

Open 11-21

Tel 052-259-6572

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

【FELCO フェルコ】本格的な夏にこそ。ボーダーの半袖スウェット。

2020.8.2

 

こんにちは。スズキです。

 

本日までコレクティブにて「MWC – Military Watch Company」の時計の受注会を開催中です。お見逃しなく。

詳細は下記から先日のブログご参照ください。

2020.7.26【MWC エムダブルシー – Military Watch Company】8月2日まで受注会開催中!本格仕様のミッションウォッチ(軍用時計)

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのはフェルコのボーダーの半袖スウェットシャツ。フェルコはこんなブランド。

Felco,フェルコ,通販 通信販売

FELCO フェルコ←クリックでブランドの商品一覧へ

1930年代後半にアメリカはニューヨークでアスリートの為のウェアとして決して豊かとはいえない時代の 中で産声を上げ、学生アスリートからプロフェッショナルに至るプレイヤー、チームをサポートしてきました。 主にコットン、ウール、ナイロンを使用したTシャツ、レターマンジャケット、ベースボールシャツ、 コーチジャケット、キャップなどは1970年代に入り世の中がトレードマークやライセンスという時代に入る中で いち早くクオリティは当然のこと、社の生命線であった素材の開発力、色彩の展開力が認められ、 MLB(メジャーリーグベースボール)、NBA(ナショナルバスケットボール)とのライセンス契約を結び全米の オフィシャルレーベルとなりました。普遍でありつづけるクオリティと飽きの来ない安定感を持った アスレティックウェア、デイリーウェアを提案するブランドです。特筆すべきは、丸胴(US TUBULAR KNIT)の コットン生地。アメリカ国内に数台しか残っていないと言われる、古いニッティングマシーンで編まれたコットン 生地の表面には、ヴィンテージライクな独特のスラブ感が現れる。ボックス型のシルエット、クラシカルな カラーバリエーションでオールドアメリカンな雰囲気を再現。

 

 

 

 

このクソ暑いのに半袖スウェットかよっって思いますが、この半袖スウェット、他のアイテムでは醸し出せない雰囲気を持っております。

「百聞は一見にしかず」。という訳で早速。

 

 

何なんでしょうかね。この特殊な雰囲気と存在感。Tシャツとも違うし半袖ニットとも違う、当たり前にポロや半袖シャツとも違って。

絶妙なカラーリングの「ボーダー」というのは一番のポイントだとは思いますが、その他にもこんな要因が考えられます。

 

 

襟ぐりはリブ仕様。絶妙なカラーリング。あえて真っ白ではなく生成りなのがイイです。

袖口のリブ仕様とフラットシーマ(裏側に凹凸が生じない縫製仕様)による縫製。クラシックな縫製仕様というポイントに加えて、着心地にも配慮。

裾のリブの長さ(高さ?)もヴィンテージ感あっていいですよね。リブのテンションが緩めで締まりすぎないのもイイです。

裏は起毛されていない薄手のフレンチテリー仕様。裏起毛のスウェットに比べれば断然涼しい。

袖口のワンポイント。好きな方には堪らないディテール。これらが総合的にミックスされて他のアイテムにはない独特の雰囲気になっているのだと。

 

 

この半袖スウェット、20年以上前に流行りましたね。懐かしい。私も古着の半袖スウェットを着ておりました。下にロンT着たりして。

古着の半袖スウェットと違うメリットはサイズ感と生地感。裏起毛していない薄手のフレンチテリーなのでギリ着れます。これが裏起毛で厚手だと本当に着る時期が短いですからね。

 

 

とはいってもTシャツに比べれば暑いのは間違いないのですが・・・。便利で快適なモノが溢れる世の中にあって、あえて不便だったり、快適ではなかったりするものを楽しんで着る事があってもいいのではないかと。着る時期やシチュエーションが限定されているからこそ、着れる時期を目一杯楽しむ。そんなアイテム。

半袖スウェットの独特の雰囲気を楽しんでください。

 

 

 

オンラインは下記からご覧頂けます。

【フェルコ】半袖ボーダースウェット2色展開←クリック or タップ

 

 

 

勿論、メールやお電話での通販も可能です。サイズやご不明点あれば下記からどうぞ。お気軽にお問合せ下さい。

 

電話はこちら←タップ(スマホのみ)

 

メールでの問い合わせはこちら←タップ or クリック

 

問い合わせフォームはこちら←タップ or クリック

 

 

 

 

 

先日ご案内したインディビジュアライズドシャツのカスタムオーダートランクショーは今週の金曜日から開催です。有難いことに沢山のご予約を頂いております。ご希望の方は是非お早めにご連絡をお願い致します。2年に一回の開催ですので今回逃すと次は2022年になります。お見逃しなく。

 

鈴木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

スタッフのオススメスタイリング Vol.1106 「半袖スウェット」

2020.7.30

半袖スウェットの雰囲気は他のアイテムでは表現しがたい魅力の一つ。

 

 

Tシャツに比べれば暑いのは確かですがこれ一枚で雰囲気を作ってくれる便利アイテムでもあります。

 

 

裏起毛のない薄手のフレンチテリー素材なので車移動の方や空調の効いた室内で過ごされる方であれば問題なく着れます。

 

 

無地もシンプルでいいですけどボーダーというのもポイント。

 

 

着用スタッフ スズキ 身長172cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□キャップ【FELCO】SWEAT BB CAP – NAVY / F NATURAL 

 

□半袖スウェット 【FELCO】S/S RAGLAN SWEAT IVY STRIPE – GREEN

 

□パンツ 【RESOLUTE】AA710 ONE WASH – 66 TYPE WHITE

 

□シューズ 【PARABOOT】 CORAUX – AMERICA 

 

 

 

 

 

FELCO (フェルコ) SWEAT BB CAP - NAVY / F NATURAL

【FELCO】SWEAT BB CAP – NAVY / F NATURAL 

 

FELCO (フェルコ) S/S RAGLAN SWEAT IVY STRIPE - GREEN

【FELCO】S/S RAGLAN SWEAT IVY STRIPE – GREEN

 

RESOLUTE(リゾルト)AA710 ONE WASH - 66 TYPE WHITE

【RESOLUTE】AA710 ONE WASH – 66 TYPE WHITE

 

 

PARABOOT(パラブーツ) CORAUX - AMERICA

【PARABOOT】 CORAUX – AMERICA 

 

【MWC エムダブルシー – Military Watch Company】8月2日まで受注会開催中!本格仕様のミッションウォッチ(軍用時計)

2020.7.26

 

 

こんにちは。スズキです。

 

絶賛開催中の「MWC エムダブルシー – Military Watch Company」の受注会。本日はその中から厳選したラインナップをご紹介。

久しぶりの展開となりますのでブランド紹介から。

MILITARY WATCH COMPANY,ミリタリー ウォッチ カンパニー,MWC,エムダブルシー,メンズ,通販 通信販売

MWC – Military Watch Company

1974年にスイスのチューリッヒに設立されたブランド、MILITARY WATCH COMPANY(ミリタリー ウォッチ カンパニー)。ウォッチディーラーとして活躍していたWOLFGANG OBRIGHEIMER(ヴォルフガング・オブリハイメル)によって創設。膨大な資料と現物を精査しながら、ビンテージミリタリー時計の復刻もしている軍用時計専門メーカー。世界中の様々な国の軍隊はもちろんですが、反テロユニット、警察部隊などにタフな軍用時計を現在進行形で供給。信頼性が最も重要な分野な為、クオリティが非常に高いのもポイント。

 

 

 

 

【MWC】MILITARY WATCH – BLACK 8,800円(税抜)

【MWC】MILITARY WATCH – KHAKI 8,800円(税抜)

この2色はベトナム戦争当時にアメリカ軍が使用していた使い捨て時計の復刻になります。オリジナルはプラスチック製で基本的に修理が不可能な仕様でしたが、この復刻版は金属製のケースにクォーツムーブメントを搭載。電池交換や修理にもしっかりと対応できる仕様になっています。プライス的にもアクセサリー感覚で気分に合わせて使用できます。男女問わず使えるサイズ感もポイント。

 

 

 

【MWC】G10 MILITARY WATCH – BLACK 16,000円(税抜)

1980年頃からNATO加盟国で広く使用されるようになった「G10ウォッチ」のタウンユースモデル。実際に本物のG10ウォッチを多数作っているMWCですが、このモデルはG10ウォッチの特徴でもある裏蓋のバッテリーハッチを廃し、通常の裏蓋仕様に変更したモデル。装着感がアップすると同時に手軽に本物のDNAを体感できる仕様になっています。

 

 

 

【MWC】G10 MILITARY WATCH – SILVER GREY 19,000円(税抜)

こちらはより本格的なG10ウォッチ。ケース径が40mmで裏蓋にバッテリーハッチも搭載したガチ仕様。民間販売用に文字盤や裏蓋の刻印などは変更されていますがそれ以外の特徴的なディテールはすべて本物のミッションウォッチ(軍用時計)そのもの。本格的な軍用時計の雰囲気を楽しんでいただけます。本物志向の方にオススメの一本。黒のナイロンベルトの他にグレーのナイロンベルトも付属します。

 

 

 

【MWC】CLASSIC RANGE MECHANICAL WATCH – KHAKI 42,000円(税抜)

こちらは現役のミッションウォッチサプライヤーの「MWC」による過去のリプロダクトモデル。1940年代のA-11のダイヤルを再現したモデル。A-11は軍用時計で初めて秒針を備えたモデルとして知られており、第二次大戦中にアメリカ陸軍航空隊に支給された時計。復刻とはいえ、自動巻きムーブメント搭載や100mの防水性などスペックは高性能なリプロダクトモデル。航空機の計器のようなシンプルな文字盤に雰囲気抜群のキャンバスベルトもカッコイイです。

 

 

駆け足で「5型」をピックアップしてご紹介させて頂きました。受注会期間中はこの5型以外にも13型を加えたラインナップを店頭にてご覧頂けます。受注会は8月2日の日曜日までコレクティブで絶賛開催中。この機会に是非。

 

 

このMWCの時計、クオリティの割にはプライスが安いのも特徴です。各国の軍隊をはじめ、反テロユニット、警察部隊などの信頼性が最も重要なミッションウォッチを供給しています。民間用に作られている時計も現場からのフィードバックによるノウハウが活かされており、ただのレプリカブランドとは一線を画しています。ビジネスの主な取引先は国や官公庁で年間を通して安定した受注が基盤となっていて、それをベースに民間用に仕様をアレンジしている為、開発や製造コストが下げられるというのもこのプライスが実現できる要因の一つではないかと。なんて素晴らしいビジネスモデル。

 

 

 

 

 

本日ご紹介の5型は下記からオンラインでもご検討いただけます。是非ご覧ください。

MILITARY WATCH COMPANY,ミリタリー ウォッチ カンパニー,MWC,エムダブルシー,メンズ,通販 通信販売

MWCの商品一覧へ←クリック or タップ

 

 

 

 

メールやお電話での通販も可能です。サイズやご不明点あれば下記からどうぞ。お気軽にお問合せ下さい。

 

電話はこちら←タップ(スマホのみ)

 

メールでの問い合わせはこちら←タップ or クリック

 

問い合わせフォームはこちら←タップ or クリック

 

 

 

 

 

先日、ブログとインスタでご案内したインディビジュアライズドシャツのトランクショーも徐々に近づいてきております。今回は完全アポイント制で1時間に1組のみの対応となります。有難い事に土日のお昼前後のご予約はだいぶ埋まってきております。お手数ですがご検討の上、お早目のご予約を宜しくお願い致します。

鈴木

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

【INDIVIDUALIZED SHIRTS – インディビジュアライズドシャツ】 トランクショー開催 2020.8.7(Fri) – 8.10(Mon)

2020.7.24

こんにちは。鈴木です。本日はイベントのお知らせ。

インディビジュアライズドシャツのカスタムオーダートランクショー。新型コロナウィルスの影響で延期しておりました。

 

メーカー側とも協議の結果、8月に開催決定。今年で7回目。メーカーの意向により2年に1回の開催になるので久しぶりの開催となります。

 

店舗「エクスプローラーコレクティブ」にて開催。

 

今回は「完全アポイント制」に加えて「同時刻(1時間単位)1組のみ」という新型コロナウィルスの感染予防対策をした上での異例の体制で開催です。

 

以前は同時間帯3組とかありましたからね・・・。

 

 

 

 

念のため、ブランド説明を。

INDIVIDUALIZED SHIRTS,インディビジュアライズドシャツ,通販 通信販売

INDIVIDUALIZED SHIRTS (インディビジュアライズドシャツ)

アメリカニュージャージー州の小さな町パースアンボイで1961年にカスタムメイドの専門ファクトリーとして創業。 アメリカにおける紳士服の歴史はヨーロッパからの移民による仕立て屋(テーラー)のもの作りから始まり、 のちに既製服として大量生産される時代に変わっていきました。歴史の中で忘れ去られてきた仕立て屋が作るシャツ、 一人ひとりのために仕立てた最高の着心地のシャツ・・・インディビジュアライズド シャツの原点は仕立て屋が作る 本物のシャツを提供することでした。 そして、現在でもカスタムメイドシャツの分野ではアメリカでの国内シェアNO.1を誇っており、バーグドルフグッド マンやサックスフィフスアベニューなど、全米の高級紳士服専門店のカスタムシャツを手掛け、顧客リストの中には 歴代大統領やハリウッドスター、スポーツ選手などのセレブリティーが名を連ねています。

 

 

 

上記の通りの素晴らしいシャツメーカー。アメリカのカスタムメイドのシャツブランドです。トランクショーはそのインディビジュアライズドシャツにカスタムメイドで個人オーダーができるとんでもないイベント。旧い時代からのテーラーの技術を踏襲しているので凄く立体感のあるフィッティングが特徴的です。脇部分の縫製に関しては何度もブログでお伝えしている通り、ここでしかできないレベルの高い縫製。そんなシャツメーカーに採寸して自分にあったシャツをオーダーできるとても贅沢な催し。

 

 

 

簡単な概要は下記をご確認下さい。


 

着丈や袖、肩、首回りなど、各箇所を細かく採寸し、お客様それぞれの 体型に合わせたサイズのシャツをオーダーメイドできます。 約500種類に及ぶ豊富な生地のバリエーションに加えて、襟型は約30種類、ポケット型、カフ型はそれぞれ約10種類をご用意。 オプションとしてクレリックシャツへの仕様変更やダブルポケット、イニシャルの刺繍を入れることも可能です。オーダーを頂いたお客様には、インディビジュアライズド シャツならではのノベルティーもご用意しております。プライスは生地や仕様によって異なりますが23,000円~となります。

 


 

単純にサイズ面だけでなく、デザイン的にアレンジ出来る幅が広いのもこのトランクショーの魅力です。トラッドなシャツ作ったり、ワークシャツ作ったり。襟型とポケットだけでも大分印象変わりますからね。自分だけの一枚がアメリカ製で出来ちゃう訳ですから、こんなに嬉しい事はないですよね!

 

 

 

下記特設ページにて、トランクショーの詳細をご確認頂けますので、是非ご覧下さい!

 

【インディビジュアライズドシャツ カスタムオーダートランクショー】

https://www.e-explorer.jp/indivitrunkshow/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランクショー開催にあたって、自宅からインディビのシャツを引っ張り出してきました。

既成の仕様からトランクショーでオーダーした仕様のものも様々ございます。少しでもご参考にしていただければと思い店頭にサンプルとしてご用意致します。このトランクショー、本当に色々なタイプのシャツを作る事ができます。可能な限りアドバイスもさせて頂きますのでご興味ございましたら是非ご検討下さいませ。今回も皆様に楽しんで安心してお作り頂けますようスタッフ一同ご協力させて頂きます。ご来店日時が決まりましたらお早目にご連絡頂けますようお願いいたします。

鈴木

 

 

 

 

 

 

 

※今年のトランクショーは冒頭の通り、完全アポイント制とさせていただきます。

日時が決まっているお客様はお早めに 下記から「メール」か「お電話」にてご予約を頂けますようお願い申し上げます。

ご予約いただいたお客様も前のご予約のお客様が長引く可能性もございますので、ご予約のお時間通りに進まない可能性もございます。

何卒ご了承く ださい。その他ご不明な点ございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

お問い合わせ先 : Explorer ◇Mail ex@explorer-out.co.jp ◇Tel 052-806-8851

 

 

 

 

 

【オーダーに関して】
※価格は1枚23,000円(税抜)~となります(お選び頂く生地や仕様によって異なります)。

※ お一人様同サイズで2枚からのオーダーとなります(生地・襟型・袖型・ポケット型・ボタン等の仕様に関しては別の種類をお選びいただけます)。

※シャツのお渡しには、オーダーより約6か月のお時間を頂戴いたします。

※オーダー時に内金として1枚分の代金のお支払いをお願いいたします(入荷時に残りの代金をお支払頂き、商品のお渡しとなります)。

※稀にお選びいただいた生地が完売してしまっている場合もございます。その場合、生地の選び直しが出来ませんので何卒ご了承ください。

 

 

【INDIVIDUALIZED SHIRTS】
1961年、ニュージャージ州アンボイに、カスタムメイド (オーダーメイド)の専門ファクトリーとして創業。 歴史は50年ほどと老舗シャツメーカーというには若いメーカーですが、1枚のシャツへのこだわりは創業以来一貫しており、特にカスタムメイドシャツの分野 では現在もアメリカ国内シェア1位を誇っています。 2003年までB.Dシャツ(ポロカラーシャツ)の原点を作り上げたBROOKS BROTHERSのカスタムシャツ部門を全て任され(2003年BROOKS BROTHERS USAが外資に買収され契約関係を終了)、現在もNYの最高級百貨店 BERGDORF GOODMAN、アラン フラッサー氏の直営店もあるSAKS FIFTH AVENUE等、全米の高級紳士服専門店のカスタムシャツを手がけ、また顧客リストの中にはブッシュ氏も含む歴代大統領やハリウッドスター、スポーツ選手 などのセレブリティーが名を連ねています。

https://www.e-explorer.jp/blog/wp-content/uploads/2013/06/indivi_blog11.jpg

https://www.e-explorer.jp/blog/wp-content/uploads/2013/06/indivi_blog21.jpg

https://www.e-explorer.jp/blog/wp-content/uploads/2013/06/indivi_blog31.jpg

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

【RESOLUTE リゾルト】10周年記念数量限定「AA710 ホワイトデニム」

2020.7.19

 

こんにちは。スズキです。

 

本日は追加生産分が入荷しているリゾルトの10周年記念のホワイトデニム「AA710」をご紹介。

既にお持ちの方も多いかと思いますが追加生産分で入荷した在庫も残り少なくなってきましたので最後のご案内になるかと。

「リゾルト」というデニムブランド。既にご存知の方が多いとは思いますが改めて説明させてください。

 

 

 

RESOLUTE (リゾルト)

RESOLUTE(リゾルト)はメイド・イン・ジャパンにこだわり、織布から染め、縫製、仕上げまでの全生産工程が西日本の中国地方、備後地区の熟練の職人たちの手によって生産されるデニム(ジーパン)。

 

昔ながらの染色方法、旧式織機で織られたオリジナルの生地の最大の特徴は、手に取るようにわかる毛羽立ち。この毛羽立ちこそが味のある色落ちに不可欠な要素になります。

穿きこみ、身体に馴染んでいくにつれて、膝や腰、股など摺れる部分から毛羽がなくなっていき、そこから色が落ち始めていく。毛羽がなくなった部分は淡く、残っている部分は濃い色のまま。この濃淡が1本のデニムに絶妙なカラーコントラストを生み出します。したがって、リゾルトのデニムが穿き手にあわせて「仕上がって」いくには、少なくとも1年は穿き続けなければなりません。

 

 

「最初はもっさいパンツやけど、穿きこんだらええ色になる」というデザイナー林氏の言葉通り、あえて加工を施さないベーシックなデニムだからこそ、穿きこむことで身体に馴染んでいき、そこから生まれる色落ちが唯一無二の「加工」となっていくのです。

 

 

RESOLUTEが目指すのは、トップスとシューズを選ばない、どんなコーディネートにも合わせることができる、「道具」としてのデニム。
デニム=アメカジにとらわれることなく、仕立ての良いジャケットやコート、ドレスシャツにタイドアップといった大人のデニムの着こなしにもしっかりフィットするパンツを目指しています。

 

 

上記のように職人気質の日本が誇る至極のデニムブランドです。

現在は日本国内だけでなく海外への進出も果たしています。アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界的にも幅広く展開。日本のデニムのクオリティが世界的に認められている確固たる証拠。イイモノは偏った見方をせずにしっかりと認める海外のマーケットでしっかりと認められるのは正に本物の証ですね。

 

 

 

 

少し長くなりましたがそんな凄いブランドの「リゾルト」が5周年と10周年に限定リリースしているのが本日ご紹介の「ホワイトデニム」。

早速穿いてみます。

AA710 W31L30

ウェスト1インチ大き目穿いてみました。リゾルトだからって必ずぴったり穿かなくてはいけない訳ではありません。

 

 

AA710 W30L30

穿き始めはタイト目ですがここからの伸びを考慮するとコレがジャストサイズ。

 

 

AA710 W30L30

 

 

 

普通でカッコイイ。華美なデザインや加工ではなく「シルエット」で勝負してます。実は「生地」に関しても凄く拘って作っています。が、林さんの意志を尊重するのであればあえてその部分を押し出すのではなく、穿いた時の「シルエット」勝負。穿いた時にかっこよくなければ何を拘っていようとも意味がないという事でしょうか。

 

よく考えれば、どんなデニムでも作り手は拘って作っています。当たり前ですが・・・。「生地」や「縫製」「シルエット」にも拘りがあるのが当たり前。詳細まで拘っている事を全面に押し出してアピールするのが普通です。でもそういう蘊蓄(ウンチク)的な部分は多くを語らない所もリゾルトのデザイナーである林さんのかっこよさです。聞けばきちんと答えてはくれますが。

 

でも私はそういう詳細な蘊蓄的な拘りが大好き。なのであえて言わせてください。このホワイトデニム。経糸と緯糸の色の差により、最初は生成りですが穿き込んで洗っていく事で少しづつ白に近づきます。インディゴ同様に穿き込んで洗っていく事でパッカリングによる立体感もでます。そしてホワイトデニムでは珍しくインディゴのデニムのように捻じれます。正に他ブランドにはない「唯一無二のホワイトデニム」。

 

 

 

限定生産なので在庫がなくなったら次回はいつ手に入るか分からないアイテムです。次は15周年なんでしょうか?まだ何もアナウンスがないので次回(15周年?20周年?)で再生産があるかどうかも分かりません。先日入荷した10周年の追加生産分も順調に在庫が減っております。オンラインのページは下記からご覧頂けます。お早目にどうぞ。

 

【RESOLUTE リゾルト】10周年記念ホワイトデニム「AA710」←クリック or タップ

 

 

勿論、メールやお電話での通販も可能です。サイズやご不明点あれば下記からどうぞ。お気軽にお問合せ下さい。

 

電話はこちら←タップ(スマホのみ)

 

メールでの問い合わせはこちら←タップ or クリック

 

問い合わせフォームはこちら←タップ or クリック

 

 

 

 

 

只今、ワークスで「MWC(MILITARY WATCH COMPANY)」の受注会を開催中。男子なら大好きなミリタリー由来の時計。アクセサリー感覚のプチプライスから本格的な仕様まで。様々ご用意しております。23日まではワークス、25日から8月2日までコレクティブで開催予定。ご興味あれば是非。

鈴木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

スタッフのオススメスタイリング Vol.1102 「ホワイトデニム」

2020.7.16

ホワイトデニムって苦手な方が多い印象があります。白過ぎて恥ずかしいやチャラい感じがして抵抗があるなど・・・。

 

 

真っ白となると分かるような気もしますがリゾルトのそれは「真っ白」ではなく「生成り」なので履き易い。

 

 

白のボトムを履いていて一番いいなと思うポイントはトップスの色を問わない事。普段は着ないような色でも平気で着る事ができます。

 

 

白だけに合わない色はないという事です。コレが一本手元にあるだけでスタイリングの世界がグッと広がりますよ。

 

 

是非チャレンジしてみてください。追加生産分も在庫がかなり減ってきております。お早目に。

 

 

 

着用スタッフ スズキ 身長172cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□Tシャツ 【BANDOL】S/S PIQUE CREW TEE w/POCKET – PIN 

 

□パンツ 【RESOLUTE】AA710 ONE WASH – 66 TYPE WHITE

 

□シューズ 【G.H.BASS】LOGAN – BLACK 

 

 

 

 

BANDOL(バンドール) S/S PIQUE CREW TEE w/POCKET - PIN

【BANDOL】S/S PIQUE CREW TEE w/POCKET – PIN 

 

 

RESOLUTE(リゾルト)AA710 ONE WASH - 66 TYPE WHITE

【RESOLUTE】AA710 ONE WASH – 66 TYPE WHITE

 

 

G.H.BASS (ジーエイチバス) LOGAN - BLACK

【G.H.BASS】LOGAN – BLACK 

 

【BANDOL バンドール】夏でも快適な「鹿の子素材のTシャツ」

2020.7.12

 

こんにちは。スズキです。

 

本日ご紹介するのはフランスのカットソー専業ブランド「BANDOL バンドール」。春夏物がようやく入荷いたしました。

フランスのファクトリーブランド。ボチボチ有名なブランドの生産も請け負ってます。当店でも展開を始めてかれこれ10年超え。継続する事の難しさや大切さを実感する事も多いので今後も良好な関係を築いていきたいと思う今日この頃です。前述の通り、凄くきちんとした会社、工場です。海外だと日本では考えられないルーズな対応があったりもしますがココは皆無。フランスの会社とは思えないほどの神対応。大好きです。

 

 

本来であれば3月頃には入荷予定だった春夏商材。新型コロナウィルスの影響で工場がストップした為、かなり遅れての入荷です。取り急ぎ「2型」が入荷しております。本日紹介する「半袖鹿の子Tシャツ」と定番の「インターロックカーディガン」。残り2型は現時点で未入荷。「新型コロナウィルス」による影響は世界中で出てますね。実際、フランスの工場ではしばらくは閉鎖、再開した後もしばらくは政府の要請でマスクを生産していたとの事。

今回の入荷の遅れにより唯一良かったと思えたのは政府からマスクの生産を要請されるほどきちんとした工場であるという事が再認識できた事。信頼できない工場には依頼しないでしょうしね。フランス政府公認のクオリティだという事で。

 

 

本日ご紹介する「鹿の子の半袖Tシャツ」は何シーズンか前にも展開していたモデル。サイズスペックはきっちりと今の気分に合わせて修正されております。そこがバンドールの良い所でもあります。やりすぎない塩梅で少しだけ今っぽくサイズ感を修正するのがウマイんです。

では早速。

【BANDOL】S/S PIQUE CREW TEE w/POCKET – NOIR←クリック or タップ

 

 

【BANDOL】S/S PIQUE CREW TEE w/POCKET – NAVY←クリック or タップ

 

 

【BANDOL】S/S PIQUE CREW TEE w/POCKET – BLANC←クリック or タップ

 

 

【BANDOL】S/S PIQUE CREW TEE w/POCKET – PIN←クリック or タップ

 

 

【BANDOL】S/S PIQUE CREW TEE w/POCKET – GRIS CHINE←クリック or タップ

 

 

 

 

ディテールは至ってシンプルな鹿の子素材のポケット付きTシャツ。

ネックはリブ仕様ではなく同生地のバインダー(挟み込み)ネック。襟ぐりが伸びにくい利点があります。

夏も快適に着れる通気性に富んだコットンの鹿の子素材。ポロシャツによく使われている生地です。風通りもよくドライタッチなので快適に着れます。

意外と珍しい四角い形状の胸ポケット。多くはホームベース型ですよね。

 

 

 

着用するとこんな感じです。

NOIR(ブラック)のサイズ「1」

 

・パンツ 【GUNG-HO】SATEEN SLIM FIT 4POCKET FATIGUE PANT – VINTAGE LABEL / OD ←クリック or タップ

 

・シューズ 【PARABOOT】CORAUX – AMERICA ←クリック or タップ

 

 

 

NAVY(ネイビー)のサイズ「2」

 

・ショーツ 【KEATON CHASE USA】BERMUDA SHORT W/BUCKLE BACK SUPIMA SEERSUCKER – BLUE_WHITE ←クリック or タップ

 

・シューズ 【G.H.BASS】LOGAN – WINE ←クリック or タップ

 

 

 

BLANC(白)のサイズ「1」

 

・パンツ 【KEATON CHASE USA】PLAIN FRONT TROUSER HIGH COUNT WEAPON – KHAKI ←クリック or タップ

 

・ベルト 【LEATHERMAN BELT】1.25 SOLID COTTON SURCINGLE W/YELLOW STITCHED TABS BRASS HARNESS BUCKLE – NAVY ←クリック or タップ

 

・シューズ【ALDEN】CORDOVAN PENNY LOAFER 私物

 

 

 

PIN(緑)のサイズ「1」

 

・パンツ 【RESOLUTE】AA710 ONE WASH – 66 TYPE WHITE ←クリック or タップ

 

・シューズ 【G.H.BASS】LOGAN – BLACK ←クリック or タップ

 

 

 

ASH CHINE(ヘザーグレー)のサイズ「1」

 

・パンツ 【RESOLUTE】711 ONE WASH (XX TYPE) – LENGTH 32 ←クリック or タップ

 

・シューズ【ALDEN】CORDOVAN PENNY LOAFER 私物

 

 

 

 

 

着丈は洗濯による縮みを考慮してやや長めの設定。洗い方や乾かす環境にも左右されますが1-3センチぐらい縮むとお考え下さい。

 

172センチ58キロでサイズ「1」で身幅、肩幅は少しゆとりアリです。

 

一番注目して欲しいのは袖丈。一般的な半袖Tシャツよりも長めの設定。これによりTシャツ一枚でも少し落ち着いた印象になります。

 

少し袖丈長いな~って感じた時は白の着用画像のように一折するもよし。

 

こういう細かいシルエットやサイズ感のアレンジはバンドールの持ち味でもあります。見た目は普通だけど着ると「なんかイイな」みたいな。

 

 

 

 

 

忘れてはいけない現在もフランスの自社工場にて一貫生産されている点は見逃せません。

 

自国生産ブランドは今や「絶滅危惧種」といっても過言ではありませんからね。ルーツにこだわる方には欠かせないポイント。

ビニールのパックに入っているパッケージング、見せ方も昔のミリタリーのTシャツに由来したモノ。手間かかってます。。。

 

地味に強い拘りを持ったブランドなんです。。。見た目はシンプルで普通ですが・・・。

 

 

 

本日ご紹介した半袖の鹿の子Tシャツはオンラインショップにも掲載済みです。下記からご覧頂けます。

BANDOL(バンドール)の鹿の子半袖Tシャツの商品一覧へ

 

 

 

 

 

勿論、メールやお電話での通販も可能です。サイズやご不明点あれば下記からどうぞ。お気軽にお問合せ下さい。

 

電話はこちら←タップ(スマホのみ)

 

メールでの問い合わせはこちら←タップ or クリック

 

問い合わせフォームはこちら←タップ or クリック

 

 

 

 

 

 

 

 

現在コレクティブではインディアンジュエリーフェアを絶賛開催中。今回サイズの小さいリングやバングルも多少ご用意があるので奥様や彼女へのプレゼントにもいいですよ。一緒にご来店頂いてお選び頂くのも楽しいかと。自分が買う為の口実にもなりますしね。まだ10万円の使い道が決まっていない方は是非。

鈴木

 

 

 

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

【インディアンジュエリーフェア 2020】開催決定!2020.7.11-17

2020.7.7

 

 

こんにちは。鈴木です。

 

本日はイベント告知。

 

毎年定期的に開催しており、今年は5月に開催予定だった「インディアンジュエリーフェア」。緊急事態宣言下に開催する訳にもいかず延期しておりました。2か月ほど延期になりましたが、なんとか開催にこぎつけることが出来ました。今年は新型コロナウィルスの感染予防策をしながらコレクティブのみでひっそり開催します。

Indian Jewelry Fair(インディアンジュエリーフェア)←クリック or タップで特設サイトへ

 

 

 

イベント期間は7月11日土曜日から7月17日金曜日まで。前述の通り「Explorer Collective」のみでの開催です!!

 

コレクティブは火曜、水曜定休ですのでお気を付けください。

 

今回も入門的な軽めのジュエリーから、コレクタブルピースまで圧倒的なボリュームで展開。

 

当たり前ですが全て1点モノ。出会いが大切。一期一会です。

 

 

 

昨年同様にオンラインショップへの掲載予定はございません。実店舗のみのイベントになります。

 

遠方のお客様には大変申し訳ございませんが何卒ご了承ください。

 

ブログやインスタには可能な限りアップいたしますので気になるものがあればお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

当店のインスタは↓↓↓こちら↓↓↓です。

Explorerオフィシャルインスタグラム ← クリックでインスタグラムページへ

 

 

 

 

 

それでは本日のブログは手短ではありますが是非イベント期間中のご来店お待ちしております。

 

鈴木

 

 

 

 

■Explorer Official Online Shop

■Explorer Official Blog

■Explorer Official INSTAGRAM

■Explorer Official FACEBOOK

1 2 3 4 29
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

SHOP

STAFF

BRAND

NEW ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE